スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水の上では、先輩も後輩もない

明日は、「ビッグサンデー」です。






競馬では、春の総決算、グランプリ宝塚記念。
そして、競艇では、戸田グラチャン優勝戦です。





宝塚記念は、例年、消耗戦というか、出がらしGⅠになってしまうこともままありますが、今年は、競馬ブックの週報を見る限り、かなりの馬たちが、メ一の仕上げのようです。


となると、熱いレースをみることができそうですね。



中でも、前走との比較という意味では、ディープスカイがガラリ一変の気配。
毛ヅヤ、馬体の張りなど、みちがえるような出来ですな。






でも、買いませんけど。人気なんだもん。










贔屓目なしに、更に良くなり、120%の出来といってよいのがほかに一頭いたので、その馬に、「私の夢」を託そうと思います。

マイネルキッツに。



天皇賞でも、おいしい思いをさせてもらいましたが、馬体は、その時よりもさらに良化してます、明らかに。
天皇賞がフロックではない、というか、さらにいい走りを見せてくれる、そんな確信を抱かせる出来にあります。







そして、宝塚記念の発走一時間後くらいに、グランドチャンピオン決定戦の優勝戦ピットアウトとなります。








服部幸「王」が、優勝戦1号艇。。。
今日の準優もすさまじかった。
F持ちで、コンマ05のスリットから、決め打ちのような、ターンマーク際際を狙う、鮮やかな差し。
今節の服部のレースぶりは、鬼気迫るものがあります。

そして、忘れてはならない、今垣のSG優出。
明日の優勝戦は、9割方、服部の逃げが決まるのではというのが、私のホンネですが、いざ舟券を買うとなると、今垣から買いたくなってしまいます。
というか、まくり差し決めたれ!今垣!






今日の準優は、3レースとも中身の濃いものだったのではないかと思います。
王者松井も、さすがと思いましたし、地元の意地で2着に踏ん張った平石もさすが。スタート勘は、やっぱりすごい菊地もさすが。大外からの大逆襲テラショーもさすが。



明日は、誰か、進入で動いてくれないかなぁー。。。




明日も仕事はあるんですが、なんとかさっさと終わらせて、どちらも生中継でみたいものです。
スポンサーサイト

逃がした大魚

先ほどおわったNHKマイルカップ。



最初、ここ四走で33秒台の上がりを持つディープスカイ、スプリングソング、ダノンゴーゴー、アポロフェニックス、34秒台をコンスタントに叩き出し、「競馬ブック」のフォトパドックを見る限り、出来落ちしてた皐月賞時よりも良くなっていたブラックシェルの5頭に絞り、そのうち、鞍上不安でアポロを切って、4頭に。




・・・と、ここまでは良かったのですが、今の金欠状況を考えると、できるだけ買い目を絞りたいという考えにぐらつき、無理やり3頭に絞りました。
そして、結局切ったのは、今まで買い続けてたブラックシェルでした・・・・・・・・(泣)





1800円をけちって、3連単11万を逃しました。。。
悔やむに悔やみきれない一戦となってしまいました。




ぐや゛じい゛~゛





にしても、フジの競馬中継が、この春からさらに低レベルなものになったので、今日はNHKで中継を見てみたのですが、、、
なんか、どっちもどっちな気がしました。
実況のレベルは超がつくくらいひどかったったよーな気もしますし、競馬中継に、競馬に興味のないタレントさんを出して、短くないインタビューの時間をとるのは、マジでやめてくれろ。

Remains of the days

20080505190404
今日は、馬のいない競馬場に行ってきました。

南関東の船橋競馬場でかしわ記念がおこなわれるということで、その馬券を買いになんですが…。

この競馬場は、数年前に廃止になり、関わる人や馬を容赦なく首切りしたところなんですが、現在は他場の馬券を売る業務のみを継続しています。

ネットで検索しても、公式ページもなく、どこの馬券を買えるのかもイマイチよくわかんなくて、行く前から、かなり不安ではあったんですが、実際行ってみて、「やっぱりな」ということがチラホラと…。

とりあえず、いっっっちばんあり得なかったのは、3連単が買えないことでした。。。





使えねーーー。




正直、もう行かなくていいかなー。

咲くも良し、散るもまた良し

阪神タイガースの「兄貴」金本選手が、2000本安打を達成しました。
まずはおめでとうございます。
金本選手にとっては、通過点に過ぎないとはいえ、一区切りとして、偉大な記録を達成したことには間違いないわけで、心からお祝い申し上げたいところです。
ますますの活躍を期待してます☆


さてさて、そんな中、わたしの住む県でも、桜が開花したとか。
そして、明日は第六十八回桜花賞競走の日となります。


今は、桜花賞の前にもフェブラリーステークスとか、宮記念があるので、「今年最初のGⅠ」ではなくなりました。
・・・というか、「GⅠ」でもなくなったんですね、桜花賞は。国際的なグレードレースではないので、「JpnⅠ」とかなんとかいうですねー・・・。なんだかなー。
思い切って、国際レースに全部してしまえばいいじゃんと思ったりもしないではないですね。もちろん、そのためには、国内の中小馬産地や、地方競馬などの「国内の裾野」を広げて、日本の競馬の底上げを図る必要がありますが・・・。


一昔前は、いよいよGⅠシリーズの始まりだという盛り上がりが結構あったような気がします。
また、距離もマイル戦、コースもトリッキーで、乱ペースになることも多く、激しい攻防が繰り広げられる面白いレースでした。
やっぱり芝の競馬の基本はマイルとクラシックディスタンスなのだなと思います。


さてさて、今年の桜花賞にはね個人的に注目な馬が出走しています。
それは、オディールという馬。
トライアルで一番強い競馬をした馬なので、人気もしていますが、実はこの馬の母親には、それなりの思い入れがあります。
母親の名は、キュンティア。

その昔、1戦1勝のキャリアで阪神三歳牝馬ステークスに出走し、二着した馬です。その時はまだそれなりに勝ち鞍もそこそこだった高橋亮が鞍上でした。
真っ黒な馬体が印象的で、それなりに追っかけましたが、損させられることのほうが圧倒的に多かった馬でした。
ただ、なにかしら毎度期待を持たせてくれる雰囲気を持っていた、よーな気がして、結構好きな馬の一頭でした。




その仔が、明日の桜花賞に出走します。
競馬が、「血のスポーツ」であることからくる楽しみがありますね。
明日は、チョッと応援してみたいと思います。

あらびあんないと

ドバイワールドカップデーということで、今日は夜更かし。




メインのレースでは、日本期待のヴァーミリアンが出走しましたが、残念な結果に終わりました。
向こう正面で、途中ちょっと他馬と接触する場面があり、それからズルズルと下がっていったような感じで、何も故障などがなければよいのですが・・・。

馬体の出来自体はよく見えただけに、もう少しスムーズな競馬ができれば良かったのになと思います。



ヴァーミリアンの父は、エルコンドルパサー。
父の海外挑戦も、生で観てました。
テレビの前で、めちゃめちゃ興奮し、そして、めちゃめちゃ残念な思いになったのを今でも覚えています。

ロンシャンから、今回はナドアルシバへと舞台が変わりましたが、父の果たせなかった勝利を、ヴァーミリアンには何とかかなえてほしかったところもありますが、こればっかりは仕方ありません。



それにしても、勝ったカーリンという馬は、あきれるくらいに強かったですね。
特に、抜け出すときの脚。
前を行く馬をまとめてかわす時の脚は、鳥肌ものでした。
いわゆる「好位差し」の教科書みたいなレースで、横綱相撲でした。外目の枠も良かったんでしょうね、不利をもらわないという意味では。




あと、ワールドカップの一つ前のGⅠ「ドバイシーマクラシック」では、フジキセキ産駒が勝利しました。
これは、結構「おーーーーーーっっっ!!!!」となりました。
日本の種牡馬の産駒が世界の競馬を勝つとは、ちょっとうれしいですね。

あと、デューティーフリーでも、ウォッカがなかなかの根性を見せてくれたし、なかなか見ごたえがありました。


夜更かしして、今日は良かったなと思いました。
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。