スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、浜通り

20061230130028
帰省の途中に、いろいろ寄ってく企画の一環として、昨日今日と福島の浜通りへ行ってきました。

「メヒカリ&フラガールツアー」といったところでしょうか。

というわけで、主な目的はメヒカリを食べることと、常磐ハワイアンセンター(現スパリゾートハワイアンズ)に行くことの二つなり。

メヒカリは昨日の昼食にて賞味と相成りました。
外はサクッとして、中はフワッとした食感で、非常に美味しくいただきました。
モノも良いのでしょうが、揚げ方がなかなか良い塩梅な気がします。
自分んちで再現するのは難しそー。
「ご当地グルメ」はこうでなきゃいけません。

で、夜になってから常磐ハワイアンセンターへ。
ワイハですよ、ワイハw( ̄▽ ̄)w

年末年始をハワイアン♪に過ごすなんて、芸能人みたいですな。

「スパリゾート」なので、温泉やら温水プールやらありで、家族連れの方々が圧倒的に多い。ま、当たり前か。
実際プールはすげーでかいので、子供を一日遊ばせるには良いんじゃないかと思われます。

温泉入ってくつろいでる間に、フラダンスのショーの時間が近付き、ちょい早めに会場に行ったら…、、、
「なんですかー!!?」というくらいに満員でした。。。
…正直、フラガールをなめてましたよ。
そしてショーが開演。
これがまたスゴイ☆
何がスゴイって、つかみのファイヤーダンス(で、名前あってるかどうか微妙ですが…)。
一気に圧倒されます。
フラダンスも素晴らしい。きれいだし、いろっぽいし、そしてかっこいい。

ホントにお金払って見ても満足感たっぷりなショーでした。

侮れませんな、東北のワイハ。

ちなみに、お土産におもちゃみたいなウクレレを購入。お値段840円也。
楽器としたら破格の安さです。
確かに作りはかなりチープですが、いちお音もなるみたい。

とりあえず、ウクレレの教則本を買わないと…。

とにもかくにも、すっごく充実したツアーになりました☆
企画を組んでくれた先輩に感謝感謝です。

スポンサーサイト

深夜特急

といっても、まだ「深夜」ではないんですが、現在前居住地に移動中だったりします。
普段、車で移動することは多い道程ではありますが、今日は汽車にての移動。
うまく乗り継いでも結構かかるものです。車だと1時間半かからないんですが、汽車だと2時間ちょいかかります。
ちょっとした旅行気分になりますな♪

昔はJR使うと、すごく遠出する気分になったものです。
普段の通学とか出かけるのは、地下鉄か私鉄でしたからね。

ともあれ、2時間ちょいなんで、「旅行気分♪」なんて言ってられるわけですが、今年宮島に行った時の16時間とかになると、正直嫌になります。

なんでも加減が大事なんでしょうね。

ねこ神さま

最近特にそうなんですが、ネコを飼いたいなーと思って久しいです。

前にも書きましたが、小学生の時の将来の夢が「動物園の飼育係」とか、「獣医さん」だったので、基本的に動物好きなんですが、今はそういう理由だけではなく・・・。

一言で言うのもなんですが、要は「寂しい」のです。。。
たまに、グーグルで「ネコ 飼い方」とかで検索かけてみたりして、結構本気です。
でも、飼うとなったら、それなりにお金かかりそうなんですよね。相手は生き物ですから、ある程度見通しなく飼うのはダメですし。
飼うなら飼うで、それなりに責任を持って飼わなきゃと思うので、やっぱりお金というか、財政的余裕もそれなりに重要です。

あと、アレルギー体質だという大きなハードルもありますが、それについては乗り越えられるくらいの「ネコ飼いたい度数」には達しています。

ちなみに、前の職場の人(身分的に同じ立場だった人で、現在ひとり暮らしの方)に言わせると、一人暮らしをしているときに「ネコを飼いたい」と思うのは、相当重症(「寂しい度数」という意味で)だそうで、多分今のわたしゃ、そんな感じなんでしょうな。


はぁ~、幸せになりてぇ~・・・。

仕事と体調の間

よんどころない事情により、かなりタイトなスケジュールになった原稿の校正を終わして、ふーっと一息といったところだったんですが、風邪気味でダウン・・・。
というわけで、昨日は振休。で、今日は何とか職場復帰。

体調管理は難しいものですね。
一日思いっきり休むと、だいぶ違うものですが。
というわけで、休みの昨日はひたすら寝る、寝る、寝る。。。
ただ、寝てばかりというのもなんなので、たまに読書。
最初は活字を読むんですけどねー。途中から漫画になってしまったりして・・・。
にしても、吉川版の「三国志」は改めて読み返すと、登場したとたんに死んでしまうという武将が多すぎるような気がしないでもないですな。


《今日のお悔やみ》
別にファンだったわけでもなんでもないですが、お笑い芸人さんのカンニング中島さん。
白血病だというのは聞いてましたが。
UDやってる者としては、心が痛みます。
薬作るの、間に合わなくてゴメン・・・。

新しく買ったパソコンにも、買ったその日にUD入れました。
「まだ見ぬ誰かの笑顔のために」がんばろう。

うつぐみ

今日、「自分へのご褒美」に買ったものが到着。
何が届いたかといえば、このブログのタイトルの由来となった映画「ニライカナイからの手紙」のDVDです。

今まで、よくよく考えると、この映画について何も語ってなかったような気が・・・(^^;)

届いたので観たわけですが、やっぱり泣きました。

正直、ストーリーはそんなに複雑ではありません。タイトルだけで、ある程度内容を読めるくらいです。

でも、でも、でも、蒼井優の名演、そして、平良進の味わいで、ダメなところを帳消しにしてしまうチカラを持っています。
人の冷たさと温かさ、人は一人では生きてはいけないということを、この映画を観て感じます。

もし、この映画に、「ある程度仕事も順調、人生設計もほぼ予定通り」見たいな時期に出会っていたら、感想もまるで違っていたかもしれません。
この映画と出逢った時の私は、まさに映画の中の風希と共感できる部分が多かったのかも知れません。

自分と同じような境遇にいたり、自分の立場を理解してくれようとしてくれる、そんな大切な人がいるというだけでも、それはすごく貴重で、すごく暖かいことなのかなと思います。

「ニライカナイからの手紙」は、すごく優しい映画だと思います。
でも、単なる「癒し」というようなものでもないような。。。
しっかり前へ歩き出すことを、背中から後押ししてくれるような、そんな映画だと思います。

Happy, Happy Birthday

今日、というか、もうすでに昨日ですが、誕生日を迎えました。
また一つ齢を重ねてしまったわけですが、なかなかそれでも、うれしいものです。

というわけで、いつか行ったカレー屋さんへ行ってきましたー。
「特製カレー」というのを食したのですが、、、辛い!!!
でも、おいしかったっす。
また別のカレーも食べてみよっとと思いました。
ちなみに、シーフードカレーもおいしそうでした。。。

なんだかんだで、楽しい誕生日になりました。


思えば去年は職場の忘年会とモロかぶりだったので、なんだか微妙だった気がします。。。
幹事の方が気を利かせてくれて、ケーキを買ってきててくれたりして、それはそれで、すっごく嬉しくて幸せな想い出ではありますが…。

記念日は、それなりに大切なものですね。

ニューマシン投入

先日、PCが死亡したことにより、借金返済を先送りして、PC購入。
自分用に買ったのは、3機目になります。
で、性懲りもなく、ノート買っちゃいました。。。
90000円弱の白いノーパソっす。多分、今の時期の電気屋さんに並んでいるもので一番安いのを探すと、これに行き着くようです。

安いだけあって、先代パソと比べると、スペックがダウンしたところもありつつ、今のところは快適そのものです。
だいたい、先代パソは、ハイスペック過ぎて色々無理があったようです。
ノートにデスクトップと同じ仕様のペン4の2.66GHzのCPUが乗っかってるっつーのは、やっぱり力技すぎたみたいですな。
新パソはセレロン(1.46GHz)ですけど、いちおモバイル用のものですし、静かです。
つけた途端に灼熱&騒音(ファンがフル回転するので)だった先代よりは、はるかに「常識的」なパソコンのようです。

でも、問題が多かった先代パソも、結構愛着あるんですよねー。
今まで無理させた分がたたってダメになったところもありますし。

お疲れ様、先代パソコン。

歴史の現場

20061210220440
この土日は隣県へ「調査」にお出かけ。
久々にお会いする方々が多くて、少し緊張しました。

それにしても、疲れた~。資料調査というのは、楽でないのが普通ですが、今回もご多分に漏れずハードなものでした。
もちろん、それだけ充実感もあるわけですが。

研究室を離れた今となっては、こういう現場仕事に携わることのできる機会はすごく貴重です。
歴史を「残す」ことの大変さと大切さを、改めて感じさせられます。

良い意味で刺激を受けた週末でした☆

明日休みだといいのになー。

あきらめ

ウチのパソコンが死亡…。

原因はOSの不具合。
正直、頭の中が真っ白けっけーっす。
高い金取るんだったら、もうちょっと壊れにくい物作れっつーの。

あー、アホらし。

映画週間

先週の土曜日、今日と、ここ一週間で劇場に二度足を運びました。
劇場まで遠い町に住んでる割には、頑張っている方です。

まず、先週観たのは「武士の一分」。
話題なのか、話題でないのか、よくわかりませんが、どちらにしても「観なきゃ」と思ってた映画です。
「たそがれ清兵衛」「隠し剣鬼の爪」に続く、山田洋次の藤沢周平三部作、だそうですが・・・。
・・・正直、コレといった印象をあまり持たずに見終わりました。

悪くはないです。でも、良くもないです。
キムタクも、「いつものキムタクだなー」という感じ。
なんか、こう、パンチに欠けるというか、歯ごたえがないというか、、、
簡単に言い切ってしまうと、要は「期待はずれ」でした。あくまで個人的には。
「たそがれ清兵衛」と比べると、月とスッポン、と言ってしまうと言い過ぎかもしれませんが、「たそがれ~」を観たあとの、何とも言えないすがすがしさみたいな余韻は、「武士の一分」には残りませんでした。
少し冗長なところもありましたし。

で、今日観たのは「手紙」。
東野圭吾原作ということで、一応の筋書きは知っておりましたが、撮った監督さんは良く存じ上げない人でした。
少し期待をして観ましたが、その期待くらいのレベルには十分ありました。
涙も少し。。。
もう少し、音楽の使い方をなんとかすれば良かったのかなーと思わないでもないです。
ずーっと前に「不夜城」(映画自体、メチャクチャ良かったわけでもないんですが)を観たときに思ったのですが、エンドロールとかに無理矢理主題歌みたいなのをぶち込むのってどうかなと思ったりします。
その主題歌そのものが良いか悪いかは別として。
「不夜城」の場合、おもいっきりネタバレになってしまうんですが、ラストカットで流れるのが「Unforgetable」なんですが、いきなりB'zに変わって雰囲気を見事にぶち壊してくれるわけです。
「手紙」の場合、そこまでは全くいかないんですけど、別に普通に劇中で流れていた曲を使えば良かったのになーと、思ってしまいました。

あと、沢尻エリカの関西弁は、かなり違和感がありました。

ともあれ、映画を劇場で観るのは良いものです。
できれば、週一くらいは映画観たいなーなんて思いますが、なかなか難しいですね。


映画を観まくった浪人時代が懐かしや・・・。

雪に願いを

昨日の晩から今日にかけて、本格的に降ってきました。
音もなく、昼間は風もあまりなく、しんしんと降り積もる感じ。

長らくこの土地に住んでいる人たちにとっては、「白い悪魔」なんでしょうが・・・。

今日くらいの雪だったら、かわいいもんなんでしょうけどね。


ただ、雪がない地域で育った者としては、雪が降ると今でもドキドキワクワクします。
子供ん時は、ホワイトクリスマスにスゲー憧れてましたし。
CMとかで、外は雪、ウチの中で暖かいシチュー、みたいなシチュエーションを観ると、「ええなー、雪降んないかなー」なんて、切なくなったものです。
人間って、やっぱり無い物ねだりをするものなんでしょうね。


それでも、、、
もう12月です。
やっぱり雪がなきゃいかんなと思います。今のところ。


《昨日、今日とお世話になった先輩へ》
思わぬ土砂崩れ→通行止めで、回り道をせざるを得なくなってしまいまして、申し訳ございませんでした。
お疲れのところ、ご気分を害されたかとは存じますが、何卒ご容赦ください。
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。