スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら、ひらひら

今日は人づてに心温まる話を聞きました。





話は二ヶ月ほど前にさかのぼります。





すごくお世話になっているお医者せんせのお誕生日会にお呼ばれしたのです。
唐突だったので、結構恐縮したものですが、すごく素敵な会で(ただ気は遣いましたが・・・)、私も参加させてよかったなと思ったのでした。
で、そのときの二次会で、カラオケができるお店に行って、私も歌うことに。。。
まわりの方々は、私よりも二回り以上年配の方ばかり。こういう時って、何を歌えば良いものか、結構迷っちゃいますよね。
最近流行の歌は、私も良くわかりませんが、「これだったら、みんな知ってるだろう」と考えて、無難なポップスを選曲しても、やっぱり「知らないなー」となります。

ジェネレーションギャップというのは容易には埋まらないもので、「スタンダード演歌」でなければ、多分「わかるわかる」とはならないのだと思います。
私は、その「スタンダード演歌」が、も一つわかりませんが。

というわけで、色々迷った末に、ちょうど桜が満開の時期だったので、みんなが知っているということよりも、スローテンポで時期的にぴったりであることを優先しよう、と思って、「SAKURA」を歌いました。



で、結局、「知らないなー」という他の皆様の反響があり、その夜は更けていきました。。。





ここで終われば、普通の話です。






今日聞いた話は、この時の話の後日談でした。
このお誕生会のあとに、お医者せんせと会った友達曰く、「○○先生が鼻歌を歌ってて、普段そんなことしないのになーと思ってたら、『△△くん(←私のこと)がお誕生会で歌ってくれて、若い人の曲は良くわからないけど、すごく良い曲なんだ』と言って、何回も鼻歌歌ってた。その時は何の曲か良くわかんなかったけどね」ということでした。





この話を聞いて、胸が熱くなる思いがしました。
少し気恥ずかしくもあったけれど、それよりも、私の不可視の部分を揺さぶる何かがありました。



正直、深い考えもなく選んだと言っても良い曲。
私の歌唱力だって、しれたものです。
それを、何回も頭の中でリフレインしてくれる人がいる。
血のつながった身内でもなんでもないのに。





「ぼくの味方」は、近くにもいるんですよね。





スポンサーサイト

「教師」という仕事

あまり一括りにするのはどうかとは思いますが、少なくない事例だとは思うので、ここは便宜的に、一括りにお話させてもらいます。






彼らの価値観は、なぜこうも一様なんでしょうか。

彼らは、日ごろ生徒諸君に言っているはずです。
「価値観は多様で良い。個性があって良い。得意な分野を伸ばせば良い。苦手なことがあっても良い。」と。



正直思いますよ。
欺瞞に満ちているなと。。。
本音でそう思ってる人、少なくとも、対等な人間関係の中で、ゼネラリストでない者を評価する人は、極めて少ない。

人物に対するラベリングを、いとも簡単に、安直に、しかも絶対的な自負を持ってやってしまう。



怖いなと思います。




「積極性こそ善」
「実学こそ善」
「(成果が短期間にあらわれない)研究など無駄」
「プレゼンの上手さ=仕事ができるという評価」
「口頭での表現の上手さは善。文章での表現の上手さは評価に値しない」
「現場仕事は評価。裏方の仕事は評価に値しない」
「深く考えもせず、相手をして「~先生」と呼ぶことに対する、違和感の無さ」
「人の性格の「明暗」の「暗」の部分を理解しようとしない、理解できない。」





かなり極端かもしれませんが、実際多いです、こういう人。
特に、社会に出た弱い者、弱い立場の人間に対する眼差しは、非常に冷たい。
社会に出る前の弱い者に対しては、「優しい」のかもしれませんが。。。



空虚だと、思います。
生徒さんにいくら「個性を伸ばせ。ダメなところがあってもいいじゃん」って教えてても、実際やってることとはかなり乖離している人少なくないです。
個人的には、そういう方は信用できない。





で、またそういう人に限って、「好きな作家」を聞かれたときの返答が、「相田みつを」とか「金子みすず」だったりするんですよね。。。
本音では、「みんな違って、みんないい」なんて、欠片も思ってない、少なくとも実践できてないくせに。

君が涙を流すなら、君の涙になってやる

今日は、葬儀。
余計な仕事に振り回された一日でもありましたが、なにはなくとも、大切な方の葬儀がありました。



朴訥で温かいお人柄を表すような弔辞が多く、故人が非常に誠実に生きてこられたことを偲ばせるものでした。
改めて哀悼の意を表したいと思います。

カーペンターズ、好きだったのかー。生前に音楽の話とかも、もっとできれば良かったな・・・。
もっといろんな話ができれば、もっと面白かっただろうな・・・。





葬儀も終わって、三々五々となったあとに、色々な方と話をすると、やっぱり出ましたねー。





「○○さん(←故人)は、はっきり言えば××(←とある人の名前)に殺されたんだ。」

という話。






やっぱ、そーだよなー。。。
故人が負ったその心労たるや、いかばかりかと思います。




決して、このままにさせはしない。
故人の無念に、いつの日か報いたいとの念を強くしました。






故人を騙し、操り、圧力をかけ、最後は死に至るまで苦しめた人間を、私は、未来永劫許しはしないでしょう。

或る尊敬すべき人の死

隣の町の学芸員がお亡くなりになりました。
職場で倒れて、そのまま・・・ということだったそうです。
大きな病院を三つほどたらい回しにされたそうです。

あまりに唐突で、言葉があまり見つかりません。
今日弔問に行き、お顔を拝見しましたが、背負っていた荷物がなくなったかのような安らかなお顔をしておられました。

非常にまじめで朴訥な方で、地道に仕事をされる方でした。また仕事がハードだということだけではなく、誰のせいとははっきり言いませんが、色々な圧力などでご心労が絶えず、お体を崩しがちになられていたようです。



私と入れ替わりで弔問にこられた方が、一言「悔しい」とご遺族の方におっしゃっておられました。

地道に一歩一歩努力する人が早世し、そうした方々を騙したり脅したりする者がのさばっていることは、確かに「悔しい」思いで一杯です。





それにしても、ほんのちょっと前は、あんなにお元気だったのにな・・・。
今日も、寝てるみたいでした。
人の命というものは、ほんとに儚いものです。


ここ最近の疲れの蓄積のせいもあるんでしょうが、なんともいえない脱力感がありますね。
無念な思いがします。
なんで、まじめに努力してる人が、こんなことになるんですかね。。。
やりきれないなぁー・・・。





ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

図録をつくろう

ここ三日はこの時間まで、家でも仕事ー。
なにをしてるかといわれれば、図録作りをしているのです。

とある展示会の関係なのですが、頭の中で構想は固まっていても、形にするまでに結構時間がかかります。チマチマした作業がほとんどなので、脳みそはかなり疲れてます、きっと。。。

ポスターも手作り、リーフレットも手作り、今回の図録も手作りです。
というか、全部手作りでやってます。金ないので。

頼るのは自分のセンスのみというのも、なかなか心もとないですが、この辺はそれなりに何とかなると思います。
今まで、映画なり、小説なり、他人の評判とか気にしないで自分のセンスで取捨選択してきたので、「良い」「悪い」のそこそこの判断はできると思います。
というか、チラシの印刷を頼んだ印刷屋さんよりは、自分は良いセンスを持っていると思います。今考えても、あれはありえないよなー。

にしても、展示会は終わったといえ、件の図録作り、実習生(博物館実習の生徒さん)の対応、カモシカの処理、某中央省庁の「えらーい」先生の小間使い&おもてなし、会議の準備、会計処理、などなど、色々ありすぎて、頭痛い。。。いや、実際頭痛がして、おさまらない・・・。今までこんなことなかったのになー。


「映画」らしい話題

先ほどの記事が、95%は映画の話をしていないことを反省して、あと、なんとなく朝を迎えたくなくて、一本映画を観ましたとさ。

観たのは「バックドラフト」、ではなく、「キッド」です。



1921年の作品で、簡単に言えばチャップリンの映画です。その後のチャップリン作品の方向性を決定づける、エポックメーキングな作品ですね。
バスターキートン派との別れ道にあたります。

ウエットな作品ばかりと思われがちなチャップリンですが、「キッド」前までは、普通のドタバタ作ってたんですよね。



ともあれ、やっぱり名作です。何回も観てるので泣きはしなかったんですが、泣きそうになりました。そして、結構笑えました。
単純な話なんですけどねー。


チャップリンの作品はそんなに観てないほうだと思うんですが、やっぱり「キッド」はベスト3には入るかなー、チャップリンの映画の中で。

「モダンタイムス」も結構好き☆ポーレット・ゴダードと貧乏ながらも前へ進んでいくというのが良いですねー。二人の行く先には明るい未来があるとは限らないし、不安のほうが多いし、それでも、とにかく一緒に希望を持って歩いていくんだっていうが切なくて、悲しくて、何かしらの「救い」があって。。。


「街の灯」も好きですが、やっぱり次点なんですよねー。
「黄金狂時代」とか、「ライムライト」は、そんなでもないといった感じです。


ちなみに、「キッド」の一押しポイントは、子役のジャッキークーガンですねー。いまさら言わずもがななんでしょうが。ほんとに超かわいい☆
この子役の存在無くして、この映画は成り立たなかったといっても良いでしょう。それくらいに奇跡のような名演だと思います。




さ、寝よっと。

You go,we go.

最近あまりしてなかったので、映画の話題。
といっても、最近の封切り映画の話題ではなく、かなり昔の映画で、しかも、映像ではなく、サントラ絡みの話です。

話は、ウチのCDラジカセが壊れたことがきっかけで始まります。

「CD聴けない」というなんともかんともという状態になっちゃいまして、これはかなわんなーということで、迷った挙句とうとうCDコンポ24800円也を購入いたしやした。

ぶっちゃけ、PCあるので、それで聴くこともできるんですが、やっぱり音楽はいい音で聴きたいですからねー。

というわけで、壊れたCDラジカセ(結構高かった)と比べると、新入りさんははるかに音が良ござんした。
新しい古いというのもあるんでしょうが、単純にメーカーさんの違いもあるような気もします。
ちなみに壊れたほうは、「世界の大企業」で、新入りさんは「かつてはとある会社の傘下だった地方企業」さんです。

ずっと前に買ったポータブルMDプレイヤーにしても、今回のコンポにしても、非常に良い製品を購入できて、満足満足♪


ということで、音が良いこともあり、ちょっとオーケストラチックな曲でも聴いてみようでわないかと思い立ち、ウチにある映画のサントラから引っ張り出してきたのが「バックドラフト」のCD(やっと映画に関係する話題にたどり着きました。。。)
映画も好きなんですが、サントラもかなり好きです。
やっぱり、たいそうな曲を書かせると、ぴか一ですよね、ハンスジマー。

というか、「バックドラフト」の曲って、映画観ない人にとっては、「料理の鉄人」の曲だと思い込まれてるような気がしますな。



ちなみに、「料理の鉄人」も、結構観てたんですが、陳建一vs程一彦戦は、観てて燃えた気がします。番組始まってそんなにたたない頃ですかね。
夕方のお気楽な情報番組の料理コーナーとか、ローカル料理番組に出演してた程さんですからね~。かなり応援モードで見てしまった記憶があります。「程さんがんばれ」みたいに。
また、程さんの料理は結構参考になって、気軽に作れて、しかもおいしい料理が多かった気がします。

今もテレビに出てるのかなー。
(結局映画の話に触れたのは一瞬でしたね・・・。)

おれは雲。おれはおれの意志で動く。

日本国憲法第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。





自分で言うのもなんですが、私は「ノンポリ」な人間です。
あ、「ノンポリ」を「ノンポリシー」だと勘違いしてる人が結構いるので、あえて言っときますが、「ノンポリティカル」なのです。

政治的な思想や信条を持たなかったり、考えなかったりするわけではないのですが、政治的な活動・運動や、それに関わることが、好きではないのです。

ただ、選挙みたいな政治的クライマックスが近くなると、火の粉がかかってくるものです。ホント嫌ですね。
色んな人・団体が、誰を支持しようと、構わないですが、各個人に対してそうしたことに関わる「活動」に参加するようにプレッシャーをかけられるというのは、正直ぞっとしますな。


備忘録をかねて、ひとつの判例の一部抜粋を貼っとくことにします。



《国労広島地本事件。最高裁昭和50年11月28日第三小法廷判決》

どの政党又は候補者を支援するかは、投票の自由と裏腹をなすものとして、組合員各人が自主的に決定すべき事柄である。したがって、労働組合が組織として支持政党又はいわゆる統一候補を決定し、その選挙運動を推進すること自体は自由であるが、組合員に対してこれへの協力を強制することは許されず、(後略)

Don't think. Feel!!!

博物館なり、資料館なりに来て、必ずと言ってよいほどいるのが、「わかんねーなー」と言って帰るお客様です。



要するに、「何か良くわからない」ということを表明してくださるお客さんですね。

ごちゃごちゃとした説明ったらしいものならともかく、ビジュアルで訴えるもの(アバンギャルドすぎるようなものではなく)についてやってても、絶対そういうお客はいます。



こういう客って、そもそもいったい何を「わかろう」としにきたんでしょうね?
こういうことをのたまう人に限って、働き盛り世代だったりします。
「お前ブルースリー世代ちゃうんかいっ!!!」と、つっこみたくなりますな。


ちょっと前に、北野武が、「映画を言葉で説明できるんだったら、誰も映画なんか作んないよ、バカヤロウ」とか言ってましたが、かなり真理をついているのではと思います。



そもそも、絵について、「感受性の低すぎる奴にわかりやすく理解していただくためにご丁寧に説明する」というのは、「野暮」ってものですわな。

細かいようですが

今週は長かった。
の割にはブログはあまり書かなかった。
内容は濃かったけれど、体調は良くない、忙しい、疲労蓄積の三重苦で、それどこではありませんでした。



ホントに忙しいと、ネットあんまり見なくなりますね~(^-^;)

いや、全く見ないわけではないですけど、この一週間でいったウェブサイトは、画像素材の配布ページ、エキサイト翻訳&辞書、各地の博物館のページがほとんど。

というわけで、色々立て込んだ準備も一段落・・・。
といっても、明日明後日の土日、そして来週の土日も仕事ー。考えてみりゃ、19日間連続で仕事じゃん!?

再来週の土日も埋まり、その次の週の土日も仕事・・・。

うーむ、なかなか楽でないっすな。



それにしても、コチラの方々は、「これくらいでいいだろ」と中途半端なところで妥協して、すべてを台無しにすることが多いですなー。なんというか、一つ一つの仕事が雑というか、なんというか・・・。
ま、こっちで修正すりゃいいんですけど、なんとなく無駄な努力のような気がしないでもないです。。。


春の夜長

20070603012126
写真はカレー(完成品)です。
ルーの上に乗っかってる白いのはコーヒーフレッシュ。
ミルク入れると、味がまろやかになり、またコクも出ますぜ!

でも、作ってる時にミルク入れちゃうと、日持ちしなくなるので、御法度なり。

というわけで、昨日の晩ご飯と、今日の昼ご飯がカレーだったわけですが、これが自分で言うのもなんですが、超うめーっ!!!

某大手カレーチェーン店で高い金出して食べるやつの気が知れないねっ!と、思っちゃったりして(^_^;)
手前味噌ながら。

一つ心残りなのは、「溶けない用の肉」が、都合によりポークだったこと。
なぜ、ビーフのカレー用のやつが売っとらんのだ?近くのスーパーよ…。
半額以下に値下げされてたステーキ用のやつをサイコロサイズに切って使うという手もあったんですが、カレーに高い肉を使うのは、やっぱり邪道だよなー。
安いのでも、十分おいしくなるもん☆

「溶ける用の肉」はしっかり牛を使ったので、ま、いいんだけどさ~。




《今週のグッドニュース》

ダービーを勝ったウオッカが、本格的に凱旋門を目指すんだとか。
しかも、ちゃんとステップレースも使うとのことで、朗報です。
正直、日本の競走馬と、アメリカやヨーロッパの競走馬のレベルは、一昔に比べれば、驚くほど紙一重なものになっていると思います。

ディープインパクトの挑戦が「失敗」に終わったその翌年に、それでも挑戦するという名乗りをあげた角居調教師には敬意を表したいと思います。
ロンシャンの空の下、「ウオッカギムレットで乾杯!」はあるのでしょうか。
なにはなくとも無事にスタートラインにたつことを、願ってやみません。
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。