スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県民性

講習中で、とある「大都市」だそうな、田舎の街で飲み会。

…もう疲れました。。。

県民性という言葉を、今私が住んでる土地の方は良く使います。

んじゃ、あれですか。
二次会はオネェちゃんいる店に必ず行かなければいけないのも県民性なんですかね?

決まって風俗に行くのが県民性なんですかね?

飲み会があると、一発抜いて帰らないと気がすまないのが県民性なんですかね?

「風俗に行かない=ノリ悪い」って断じてしまうのも、県民性なんですかね?

ふざけんな、ボケ。

今住んでる県に住み始めてから、そういう飲み会が極端に激増しているのも、明らかに事実なんですが、やっぱりそれも「県民性」なんですよね?

随分ご立派な県民性をお持ちなことですわ、…ったく。

スポンサーサイト

カントリーロード

父親から電話。





「お盆、いつごろ帰ってくんねん?」



「うーん、今年は帰られへんなー。八月の上旬まで身動きとられへんし、お盆は成人式あるし、9月も仕事たまってるし、帰れるとしても、9月の最終週か、10月やなー・・・」



「・・・そっかー・・・そんな遅いんか・・・。お前帰ってくると思って、日本酒買いだめしてんねんぞ。お母さんにこないだ怒られたけどなー(笑)」




「ありがとう。」




「色々あるやろけど、元気出せよー。」










電話は、そのまま適当に流してきったけれど、
面と向かっては、恥ずかしくて言えないけれど、、、





ごめん、お父さん。親不孝で、すんません。。。
普段、ビールしか飲まへんくせに、おれ帰ったときだけ、「おいしいなー」って日本酒飲むのに付き合ってくれるもんなー。
自分飲めへんのに、買いだめなんかして、アホちゃうか。。。




でも、ありがとうな。ほんま、ありがとう。ほんまに、ありがとう。

風の向くまま

20070718213204
今日は講習絡みの「営業」が午前中にあり、それを終わして、あれやこれやと買いたい物があったので、ブーブーに乗っておでかけ。

しかし、どこに行っても探してるものがない、ない、ない…。

色々探しまわってるうちに、県庁所在地まで南下してしまい、そこで一通地獄にはまり、あげく、県庁所在地にある南北のジャスコ両方ともに立寄ってしまうというハメに…(泣)
「どんだけジャスコ好きやねんな」と突っ込まれそうですが、取りあえずジャスコなら「なんかあるかも」と思ってしまうのも、悲しいですが事実です。。。

ま、ジャスコに行ったからといって、欲しい物があったためしは、あまりないんですが(^_^;)

ただ今日は少し気になったのが売ってました。
ワインセラーなんですが、普通めちゃめちゃ高いじゃないですか、ワインセラーって。
それが、1万円ポッキリで売ってました。
1万円ポッキリといっても、私にはかなりの大金ですが、手の出ない額ではありません。
しかし、サイズみると、6本しか入んないとのこと…(-_-;)
…やっぱ、中途半端に安いものは、中身も中途半端ということなんでしょうか。

《今日の昼ご飯》
写真は今日の昼ご飯(かなり遅め)。
普通のラーメンですが、麺以外、つまりスープとチャーシューは自作なり。
意外とおいしいもんです。

今夜、君の声が聞きたい

月曜から始まったとある合宿での研修が今日「いったん」終わり、やっとのことで帰宅・・・。



もうへとへとです。。。



スケジュールとか、合宿缶詰状態ってのも疲れの原因ですが、一番は気疲れですね。


周りは私よりも一回り以上年上の方々で、しかも、教員がほとんど。


さぞかし、おできになる方々ばかりなんでしょうねー。人前でしゃべる、プレゼンに長けているということのみを「物差し」にするなら。





色々、教員の方の「本音なんだろうな」という部分も窺えました。



以下は研修にTAみたいな存在として参加していた大学院生に対する、内輪飲み会での発言です。

「あいつは、なめてる」
「(人は)体育会系でなきゃいかん」
「タテ社会というものを教えてやらんといかん」
・・・


などなど、飛び出した悪口は結構枚挙に暇がないんですが、体育会系的なノリを善しとして、それ以外はダメだという評価をなさる硬直化した価値観が良く現れていると思います。



飲み会の話題は、そういう安直な批判やら、くだらなくて笑えないエロ話が多く、私はへらへら空回りするしかなかったわけですが、そういう話に積極的に関わらないことは、「のりが悪い」事なのでしょうか?




そして、「のりが悪い」のは、人の評価に決定的な影響を与えるほど、ダメなことなのでしょうか?




私には理解できません。
私は、彼らほど「できる人間」ではないですから。

時にはワインの話を

ボーナスというものが出て、ちょっとした贅沢としてやってることは、酒屋でワインを買うことです。

もちろん、高いワインは買わないんですけど、ビールみたいなものよりは、はるかに高いので、私にとっては贅沢品です。


そもそも、ビール、日本酒、焼酎、ワイン、と、結構何でも好きなんですが、ワインにはそれなりに思い入れがあるというか、懐かしい思いがします。

言っときますが、ワイン通でも何でもありません。ワインにまつわるエピソードみたいなの、全然知りません。

全く自分の感覚でしか判断してませんし、高いのはそれだけでNGです。
なので、フランスワインはほとんど飲みません。飲めません。



というわけで、よく飲むのはチリワインとかになります。



一昔前に流行りましたよね、チリワイン。特に「チリカベ(チリのカベルネソーヴィニオンの略)」とか言って。

一時の流行ではなく、コストパフォーマンスではピカイチだと思いますね、チリのワイン。


個人的には、ラスカサスってとこのカベルネが、好き☆
重厚で、よござんす。赤ワインらしい赤ワインって感じで。
有名なとこなのかな・・・?一昔前は聞かなかったような気もしますが。。。
コンチャイトロとか、サンタカロリーナとかは、相変わらず結構売ってますね。カリテラはあまり最近出てない気がしますが、気のせいでしょうか。


ただ、赤はいいとして、白でこれは・・・というのにまだめぐり合ってない気がします。



誰か教えてけろっす。1000円以内のやつで。。。

映画館は、茶の間のテレビか。

数日前の話ですが・・・。



たまには、ロードショーの映画のこともブログに書くかということで、書いてみます。

あんまり、腹が立ったので。。。





数日前やっと取れた振休の日に、釣りに行き、ついでにシネコンに寄ってみました。
というわけで、行った時間にたまたまやってた映画を観ることに。
その「たまたまやってた映画」が、「大日本人」でした。


ストーリーとかも知らないくらいに前知識なしに拝見しました。
観終わって思いましたねー、「これ作った奴、観る人なめてんのかな」と。


なんというんですかね、根本的につまらないのが大前提になんですが、いろんな意味で、1400円取って客に見せるものではないのかなというのが大きいですね。

なんとなく印象を言うと、「小学生の時に考えたことを映像にしてみました」といった感じですね。
つまり、高いクオリティにはないということなんでしょう。



別にくだらないからダメだとは言いません。
高いクオリティにある「くだらない映画」は非常に面白いですし。
また、つまらないからダメだとも言いません。
単につまらなくて退屈で、ゴミのような映画だったら、ここまで腹も立たなかったような気もするんです。



なんかねー、突っ込みどころもないんですよね。話のネタにするところもないというか。



「子供っぽい」作品ですね、まとめて言うと。




で、観た後にネットでレビューを見てみたら、褒めてる人もいるんですね。そりゃま、そうでしょうね、人それぞれ考え方は違いますから。

ただ、褒めてる人の意見に多いのは、「松本の、高尚でレベルの高い笑いを理解できない奴が多すぎる」というもの。



うーん、こういう意見って、「馬鹿じゃないか」と思います。
こう言う方って、ホントに1000いくらのお金を払っても観る価値があったと思ってるんですかね?



あくまで個人的には信じがたいですね。




いやいや、ホントにつまらなかったなー。
安くない料金を払う客を「なめとんか、ワレ」というのが正直な感想です。
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。