スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てんない

忙しい時ほど、なにか「今やらなくてもよいこと」をやりたくなるものです。
というわけで、たいした理由もなく、『天使なんかじゃない』を読了。





いやー、面白かったなー。。。
というか、なんというか、心を揺さぶるというか、グーっときてしまうところもありました。
絵のタッチは正直あんまり好きじゃないんですけど、ともあれ、素敵な作品でしたね~。



ま、最近の作品ではないんで、いまさらなんですけどね。。。



スポンサーサイト

あたしがあなたのそばにいる

西田尚美サマが、妊娠四ヶ月なんだとか。

オメデタですよ、オメデタ。
いやー、良いニュースですなー♪

母子ともに、無事に健やかに過ごされることを、心より心よりお祈りいたします。



なにはなくとも、新しい命が生まれ、それにまつわる出来事というのは、すごく「小さくて大きな喜び」なのでしょう。


というわけで、aikoの「瞳」は、ホント、名曲だなー。


渾身の直球を、もう一球

夜更けですが、一言。
タイガースナインへ。



あなたたちは、ほんとにすごい!!!



ジェフが打たれても、久保田が打たれても、それでも追いついて追いついて、そして藤川で試合を決める。
あなたたちはすごい。あなたたちは俺の、俺たちの誇りです。
何が何でも、優勝するぞ、おんどりゃーっっっ!!!






何でこんな試合をテレビでやんないんだろ???


何でも見てやろう

今日はほんとに思いつきで、久々に劇場に映画を観にいくことに。

そして、思いつきで観たのが、「包帯クラブ」。
誰が出てるかとか、ストーリーとか、前知識ほぼゼロで観にいきやした。

観てから、詳細が判明。
監督は堤幸彦で、主演は柳楽優弥くん。
ストーリーは、まー、いいとして・・・。

うーん、なんかリズム感に欠ける映画だったような気がします。
堤幸彦って、こんな感じだったっけ???

・・・うーん、でも、よくよく考えてみれば、「溺れる魚」観た時も、同じような感想だったことに、今気づきました。
「リズム感がないな」って思った気がします。
だから、そのせいで、実際の上映時間よりも長く感じてしまうようです。



テレビの「トリック」は好きなんですけどね。。。



今日観たのは、「大はずれ」とは言いませんけど、満足感は???という感じでした。
あ、もちろん、かなり前に見た「大日本人」よりは全然良かったですけど。

飲み屋さんの鍵貸します

今日は飲み会。
というわけで、今帰宅。

なんというか、今日の感想なんですが・・・。

普通の人が当たり前に与えられるものを、与えられない者は、それを自分の中で埋めていかなければならなくて、それは結構きついんだよな・・・ということですかね。。。


ま、そんな重い話ではないんだけどさ。

寝よっと。

新聞配達は、二度ベルを鳴らす

新聞屋さんって、態度でかい人いますね。
新聞屋といっても、配達のほうではなく、記者のほうです。

いや、まともな人のほうが多いとは思うんですがね。

あと、メジャー紙のほうが、人当たりが良い人が多い気がします。
考えてみりゃ、当たり前ですよね。取材相手の気分を害すれば、得られる情報も少なくなりますから。結局自分が損ですもんね。

逆に言うと、地方紙の人、または、地方雑誌の人で、あんまり良い人にあったことがありません。たまたまなんでしょうが。

今住んでる地方にも、地方紙があり、その記者さんとお話しする機会が今日あったのですが、話してて正直いい気分はしませんでした。

今住んでる地方の「地方紙」というのは、創始者が「◎★天皇」とまで言われた方だそうで、県内のメディア王だったみたいっすね。
なので、県内ではそれなりの威を誇っているようです。


だからというわけではないんでしょうが、横柄なんですよね、接し方とか、取材の仕方とか。




というか、よくよく思うのは、自分で調べりゃ速攻で分かるようなことをズケズケ聞いたりするんですよね。恥ずかしげもなく。バカじゃないかと思います。
単純な説明しか理解しない、というか、理解しようとすらしないですし。



みっともないなと思います。



もちろん、ほとんどの記者さんは良心的な方々だとは思いますけど。

願いの向こうに・・・

読売との首位攻防三連戦。
阪神の三連勝に終わりました。


3戦とも、接戦、激戦を演じました。
阪神ファンとしては、最高の結果。逆に読売ファンの方々にとっては、最悪の結果でしょう。


それにしても、本当にすごい3連戦でした。
改めて言う必要もないんですが、私は読売巨人軍というチームが、ゴキブリよりも嫌いなんですが、この3連戦の敵軍の執念には、見るべきものがありました。
「敵ながら天晴れ」と言っていいんじゃないでしょうか。


ここまで、熱い首位攻防って、そんなには見られないですよ、マジで。。。




最近、「日本のプロ野球はつまんない」とか、知った顔して言い腐るバカが多いですが、決してそんなことがないことを、この3連戦は証明したと言っても良いでしょう。




なにはともあれ、最大12ゲーム差をひっくり返した阪神タイガース。
玉木正之氏に成り代って言ってあげたい。。。

虎よ、今も君たちは美しいと・・・。





クライマックスシリーズとか関係あれへん。
ペナント、優勝すっぞー!!!

台風クラブ

といっても、映画の話題ではなく、話題は単に今回の台風です。
ニュースでも大騒ぎで、少なからず被害も出たようです。
まずは、被災された方々にお見舞い申し上げます。


しかし、昨日今日と台風報道が盛りだくさんで、報道のあるべき姿であるとは思うのですが、「台風報道が盛りだくさん」な理由を関東地方に影響を与える台風だったからという風に解釈するのは、やはりうがった見方なんでしょうか。

九州に同じ規模の台風が来ていたら、どうだったでしょうか?
沖縄に来ていたら、どうだったでしょうか?
毎年何度も台風の直撃を受けている室戸岬に来ていたら、どうだったでしょうか?

確かに、普段台風が来ないところに台風が来て、台風に対する備えが弱いことから、被害が大きくなるので、報道にも熱が入るというのもわからないではないです。




ただ、なんとなく、違和感はありますね。


小さなことですが、帰省ラッシュの時の渋滞情報なんか感じる違和感にも似ています。これについては、報道の仕方が今は少しマシになりましたが。。。

一昔前は、東北道、関越道、東名道あたりしか言わなかったものです。
要するに、東京に通じる道だけ。
たとえば、中国道がどれだけ渋滞しようが、報道されないもんでした(中国道については、今もなかなか報道されないですけどね・・・)。



子供心に思ったもんです。理不尽だなー、と。

世の中、なかなか公平にはいかないもんです。


《今日のびつくり》

「台風クラブ」で思い出したんですが、今は亡き相米慎二。
学生運動やってたことは知ってたんですが、中核とか革マルとかじゃなくて、この人第四インターにいたんですね。
へー。

どうでもいいですけど、新左翼って正式名称はどいつもこいつも長いですよね。「革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派」(だったっけ?)とか。
「革命的」がダブっているので、校正にかけるとどっちか削れって言われそうです。


プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。