スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長い厄年

ここのところ、ほんとについていません。

モチベーションの低さが、そのまま全ての運につながってる気がします。




ホントに、何をしてもダメです。




失敗をする、でも、フォローはない。
何かをする、でも、リアクションは貰えない。
何かに頑張る、でも、無駄になる。
予定を決める。でも、勝手に予定を入れられてる。







久しぶりに小銭を稼ごうと思って、ネットで舟券を買ったのですが、、、

ギリギリで締め切りに間に合わず買えなかった予想が的中。

余裕持って買った舟券は立て続けにはずれ。

買おうと思ったら、特に重い仕事させてるわけでもないのに糞パソコンが言う事聞かなくなり、再起動
で舟券買えず、締め切りすぎて、予想は的中でまずまずの配当も、まったく意味なし。

最終、舟券も買えて予想も的中と思ったら、2周目1マークで3番手の選手がターンマークに激突して、エンスト失格・・・。



ありえねー。。。。



てかね。
あんなプレッシャーのない状況で、ターンマークにぶつかるの、リアルタイムでは初めて見ましたよ。
中野二郎のA1昇格は正直喜べませんな。マジで。




で、コレを書き込もうとしたら、またヴォケパソコンが思考停止。



もう、東芝さんからはパソコン買いません。





・・・ほんと、もう、いいです。
何をしてもダメ。



ダメの塊みたい。





誰かが助けてくれるわけでもないし、もう、どーでもいいや。

くそったれ。
スポンサーサイト

ニライカナイより愛をこめて

初七日が過ぎました。







水野先生が鬼籍に入られたと聞いた時、ビックリしたと同時に、「とうとうきたか」と思ってしまったのも正直なところです。

生前の閣下を2度ほど生でおみかけしたのですが、2度目の時はかなり足元がおぼつかないような状態でしたから。。。
といっても、当の本人は白いトラの覆面かぶってご満悦でしたが・・・。


健康状態に差があったものの、両方とも、閣下のイメージは同じ。変わらず「気さく」な方でした。
他の人が喜んでくれることを、自らの何よりの喜びとして感じる方なのだろうなという風に、思いました。







訃報が様々なメディアでとりあげられていましたが、私が知ったのは夜のニュース番組でした。
もちろん、悲しいのは悲しいのですが、VTRの中で「シベ超」の映像が流されて、私は思わず吹き出してしまいました。
訃報、なんですけどね。。。


よく、お笑い芸人さんがお亡くなりになった時に、生前のネタが流されることはありますが、私個人的には、そういうのを見て「思わず笑ってしまった」ということは、ほとんどありません。
それだけに、「シベ超」の持つ力を再認識いたしました。「死せる閣下、生ける人々を笑わす」といったところでしょうか。



ちなみに、閣下が病床で最後に観た映画は、「ホットファズ~俺たちスーパーポリスメン」という作品だったそうで、「ったく、水野先生ったら・・・(笑)」と思わせられます。
何はともあれ、作品の品質如何に関わらず、閣下的には多くのポリスメンを目の当たりにできて、ご機嫌だったのではないでしょうか。ま、アメリカではなく、イギリスのポリスメンであったことは、玉に瑕ですが。



しかし、本名まで「山下奉大」と変えていたとは、恐れ入りました。いくら、馬鹿らしいこととはいえ、ここまで本気になれる人はそうはいないでしょう。
人からみればくだらないことであったとしても、そこまで本気になって頑張ることは、なかなかできるものではないし、実はすごいことなのだと思います。
そんな人を、作品を観もしないで鼻で笑う者が居たとしたら、私はその人を軽蔑するでしょう。







水野先生は、ずっと生き続ける人なのだと思います。

水野先生、幸せな時間をくれて、本当にありがとう。

無題

意識がボーっとして、布団の中でうんうんうなってると、上の部屋からドンドンと音が・・・。

前からそうなんですが、小さい子が居て、その子が暴れているようです。




これも前からそうなんですが、急にドーーーーーーンンンンって音がすることもしばしば。心臓止まりそうなくらいにビックリします。
また、始終ドンドンしてることも、しばしば、いや、毎日ですね。




さすがに今日は、頭にきて、天井に向かって「ええ加減にせぇ、ボケッ」っと、近くにあった野菜ジュースの空ペットボトルを思いっきり投げつけちゃいました。。。






ともあれ、なんかよくわかりませんが、子供が暴れていたりするのをちゃんと叱ったり躾けたりするのは、この地域では???なことだそうで、「子供はそういうもんだから仕方ない」というふうに対応するそうです。ぼくも、今日まではそれで我慢してきました。




そーいえば、ヒフ科なんかで呼ばれるの待ってても、暴れてる子がホントに山ほどいます。
で、親はと言えば、、、子供ほっぽらかし。

「子供だから、仕方ない」と。「叱ってもきかないでしょー」と。








百歩譲って、暴れる子供は仕方ないのかもしれない。
でも、子供をしつけずほったらかしにする親は、決して「仕方ない」ではすまない。






「やさしさ」を履き違えてるのではないかと思います。

今日は、怒ってしまいました。。。ボクは「やさしい」人間ではないですから。






ま、この「やさしい」という言葉も、やはりクセモノです。


正直、もう聞きたくない、言われたくないフレーズです。





結局それだけの存在で、「どーでもいい存在なんですよ、あなたは」と言われているみたい。。。


「やさしい」だけの存在、人間でいるのは、もうたくさん。。。飽きました。
誰かがそれに本気で応えてくれることなど、ないんですから。





「やさしいのが一番」なんてのは、ただのまやかしにすぎない。
それをホントに信じてしまってる人は、結局周りの人に都合のいい時だけ利用されるだけで、結局のところ貧乏くじを引かされる。残るのは、あきらめだけ。




言うのは勝手。
傷つくのは言われたほう。
結局は、誰も本気で向き合ってなどくれない。
結局は一人。どっかでのたれ死んで、「あの人はやさしかったねー」なんて言われて終わり。言われるだけで終わり。







「やさしい」ことが良いとは、限らないのが現実なんだと思います。

風邪です。。。

昨日からおかしかったのですが、今日は完全にバタンキュー・・・。



寝てるだけで、汗がタラタラ。身体はダルダル。頭はガンガン。鼻はジュルジュルといった感じで、もうむちゃくちゃ・・・。



外にも出られないので、今日もカップラ一食だけー。。。
しんどいなー。。。



つーかそもそも金がないから、出かけても買い物できないな。


あ、ちなみに、二年前の同じ月より、お給料が一万円ほど下がってましたよ、ハハハ・・・。
物価は上がってるはずなんですけどねー。






ま、心配してくれる人がいるでもなし、どーでもいいんですけどね。。。





あ、「しばじゅんラジオ」というのを聴いたのですが、その中で「自分の仕事について『別に長く続けなくてもいいんでー』とか『この仕事に別にこだわってるわけではないんでー』とかいう人が苦手なんです」と言ってました。


やっぱり、しばたさんには、ホントに共感を覚えます。




とはいえ、僕の周りには、こんな風に考えてくれる人なんて、ほぼいないですが・・・。

たかが野球、されど野球

昨日は、情けない試合で負けてしまいましたが、今日は「らしい」野球で完勝。


ちょっと、指にマメをつくってしまいましたが、思いっきり応援できてよかった。。。


おかげで、明日から、少し元気に生きていけそうです。



ありがとう、タイガース。
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。