スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Not bad!

「おくりびと」が、ま~飽きもせずじゃんじゃかかけまくられてるのとは対照的に、たった一週間しか公開しないということで若干慌て気味に観にいってきたのが、今日観た映画。




「バンクジョブ」です。






とりあえず、先に感想言います。

面白かったぞ~~~っ!っと。

クライムムービーってやっぱりこういうんじゃなくちゃ!








ハリウッド物とは、かなり違うテイストで、「やっぱりイギリス映画やな~」と思いますな。
人によっては、多少わかりにくい映画なのかもしれませんが、だからこそ面白いんですわな。
クライムムービーって、そうでなきゃいかんのです。(二回目)




結構前になってしまいますが、「ロックストック&トゥースモーキングバレルズ」という映画がありました。

ガイリッチーの長編デビュー作にして、多分最高傑作ですが、これを劇場で観た時は、すんごいカタルシスというか、爽快感を感じたのを覚えています。

もちろん、「ロックストック~」には及ばないんですが、「バンクジョブ」も、久しぶりにカタルシスを感じさせる映画でした。





映画は、あくまで映画なんであって、テレビドラマの2時間版ではないのだと、改めて感じました。





今日は出来の良い映画をスクリーンで観ることができて良かったです。




あくまで「個人的には…」ですが、「おくりびと」なんかより、お金払って観る価値がずっとあると思いました。


「おくりびと」は、「金曜ロードショー」で十分じゃないすか。
スポンサーサイト

「おしゃれは我慢」

去年から「めがねっ子」になってしまった私ですが、最近、「新しいめがねを買いたい」病になってしまいまして、実際に買ってしまいました。



安いめがね屋さん、ありますねー。


「めがねは一つあれば良い」というのは、やっぱり昔話なんでしょうね。


明らかに見た目にめちゃめちゃ影響するアイテムですから、一人の人が色々着替えるのは、当然ありうべきことだと思います。



まー、今の私は一番「お得」な立場だから、そう考えるのかもしれませんが…。


度数が弱いので、選択肢が広く、しかも安上がりということで。


レンズの厚さも気にしなくておっけー。
もちろんレンズの値段も。






んで、こないだは、いわゆる「3プライス」店で購入してしまいました。
フレーム、レンズ、ケース込み込みで4200円。



安いっす。。。



もちろん、それなりに「4000円だなー」と思うこともありました。

テンプルとモダンがちゃんと接着されてなくて、ちょっとカポカポ動くなどなど…。


まー、楽器とかもそうですが、接着剤があまり良くないのは、メイドインチャイナのデフォルト設定なので、想定内というか、どストライクといえます。



他のとこで不満な点はありません。


だと、「この値段の違いは何なのさ」と思ってしまいます。
私も貧乏人なので、安いのは大歓迎。ある程度のクオリティが確保されていれば、全く文句ありません。




ただ、こうした量販店が幅をきかせることに、もろ手をあげて賛成はできませんが…。




なにはともあれ、奇抜さで目立つめがねではなく、存在感をある程度主張するめがねが欲しいなと思う今日この頃です。
めがね一つで、ちょっとしたイメチェンができるわけですから。

なんで、ほんこんなんだろう?

スタンプがたまって貰ったタダ券で「カフーを待ちわびて」を観てきました。


「沖縄もの」ですから観なきゃいかんざきというところです。


毎度のごとく前知識はできるだけ入れずに観賞開始。
本編が始まってすぐ、配給がエーベックスということがわかり、期待感が一気にゼロに落ちていき、そのせいか「期待はずれ」になることなく楽しめました。

いや、まずまず楽しめましたよ、エーベックスのわりには。


恋愛物なので、「んなアホな」的な展開もあるんですが、まーそれはご愛嬌。




欲をいえばというとこになるかも知れませんが、後のほうに出てくる「んなアホな」的な展開にも、必然性を持たせるような伏線があれば、満足度も違ったような気がしますが、それは映画作りのプロの方に求めるべき課題でしょうから、まー今回はいいとしましょう。



ちなみに、ヒロインの女優さん。
観てる最中から「誰かに似てるなー」と思ってて、帰宅してから気付きました。
関テレの今のドリーム競馬に出てるやぎじゅんに似てるんすね。


今回の場合はすぐに思い出せないのは当然だったんですが、最近多いです。「誰かに似てるなー」と思ってなかなか思いだせないこと。




歳取りました…(T_T)

将軍様の、御成り~

400字詰め原稿用紙にして100枚程度の分量の「間違いを書けない原稿」を一か月以内に書き上げなければならなくなったり、無意味な自粛行動をいい加減な形で強要されたり、もうしっちゃかめっちゃかな昨今ですが、そんな時こそ映画日和ということで、今日も観てきました。




たまには、メジャーなのも観なきゃということで、「ジェネラルルージュの凱旋」をば。



ちなみに、「チームバチスタ」観てません。映画もテレビも。
多分、山南さん、もとい、堺雅人出てなかったら、観に行こうとは思わなかったんじゃないかしらん。





久々に、結構観客がいる環境で観賞いたしやした。


続編なんでねー。
竹内結子の悪寒がとまらないシーンで、周りがクスクス笑いだすのになんとなく置いていかれ気味になりつつ、でも面白く拝見しました。。。前半は。




山場過ぎて、ご都合主義的になっちゃうんですよねー。


原作もそんなのなのかなぁ~?
同様の展開で、「このミス」1位なんだとしたら、「え゛ー???」となりますな。




とにかく、山南さんは良いですし、阿部寛は「トリック」みたい、というか、ほぼ同じで笑えるんですが、でもなぁ~…。






映画、じゃないんだよな~、これ。



テレビドラマなんですよね…、つくりが。




つまらなくはないですし、観て損をする話だとは思いません。





けど、映画じゃないんです。


僕は映画を観に行ったつもりなんで、そういう心構えで観ると、やっぱり消化不良な気がしますね。






《今日の「カナオ」》
明日は女子王座の優勝戦ですね。
にしてもフライング二つ持ちで、03のスタート(今日の準優はイチマルだったみたいですが)を、フルダッシュで決められる横西選手はホントにすごい。

男前すぎます。


明日は競馬も弥生賞ですが、どーせリアルタイムでは観られないし、ボートピアの方に行こっかなー。




やっぱり、スポーツはリアルタイムで観てこそだと思います。




ていうか、頼むから、日曜のメインくらい競馬テレビでやってくれっつーの。ジャニーズのつまんねー番組の再放送やるんだったらさー。

毎日が勝負駆け

働きアリは、みんな働いてるようにみえて、実は何割かはサボってるんだそうです。



そこでちゃんと働いてるアリだけを抽出して働かせたら、また何割かはサボるんだそうです。




「トリビア」でも確かとりあげられた話だと思うのですが、なかなか面白い話だと思います。



仕事ができたり、頑張る人に仕事量が偏り、仕事ができなかったり、頑張らない人はのんびり暇してる。



そして、後者のほうが、残業してる。
日中のんびりしてるのにねー。





いろいろな人と、バランスをとりながら「うまくやっていく」というのは、なかなか難しいものだと思います。


目の前の目標に、全力で打ち込めればいいんですが、そういう環境自体、あまり望めないのが普通なんでしょうね。


やっぱり、ボチボチやるのが、良いのかな…。




《今日のカレー曜日》

今日は金曜ではないですが、おいしいカレーが食べたくなって、北隣りにある市まで行きました。
地元の方々には超がつくほど評判の店、だったのですが、注文した「スペシャルカレー」と同時に出てきたのはフォーク。スプーンではなくて…。


付け合わせの福神漬を食べるには、まーいいのですが、正直僕個人的にはフォークではカレーは超食べにくい…。

いちおトライしてみつつ、やっぱり食べにくいなということで、「すいません。あのー、スプーンありますか?」と店のおばちゃんにお願いしたら、次のような返答。







「フォークで食べられますから(怒)」







…あの、、、聞いてることに答えてもらってないんですが…。というか、食べるの、あなたじゃなくて、僕なんですけどね…。



ちなみに、お会計の時にレジんとこに行くと、スプーンもしっかり用意してありました。
フォークしか置いてないという店ではなかったようです。


カレー自体は、美味でした。










けど、二度と行きません。

ありがとう

昨日は、大切な先輩の送別会がありました。
久しぶりにお会いする方々が多く、そういう意味でも有意義でした。







本当に楽しい楽しい時間を過ごすことができました。
楽しい時間はやはりあっという間に過ぎてしまいますね。すごく時間の経過が早く感じました。





それも、主賓の方のお人柄と、そのお人柄を慕う方々と過ごしたからこそ、そう感じるんでしょうね。







「こうして生きてみるとわかるのだが、めったにはない、何十年に一回くらいかもしれないが、生きていて良かったと思う夜がある。一度でもそういうことがあれば、その思いだけがあれば、あとはゴミクズみたいな日々であっても生きていける。」と言ったのは、中島らもさんですが、程度の差はありつつも、すごくそういうことを感じた、そんな夜でした。












すばらしい夜でした。




《今日の「まんぷく」》


学生時代にかなり足しげく通った食堂が、閉店してました…。

正直、味についてはノーコメントなんですが、いろんな想い出がいっぱいつまった、あたたかい食堂でした。


今まで、本当にありがとう、「まんぷくホール」。
てんこ盛りの飯、「きあいいれておとりくださ~い☆」と温かいお茶をだすおばちゃん、だいたいは怖い顔してるけど、奇跡的にみせる笑顔が素敵なおじさん、餃子よりもチキンカツのほうがはるかに主役をはっている「ギョーザセット」、そして看板メニューだった「チャハン」、一生忘れません。
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。