スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捲り一発決まった!!!

グランドチャンピオン決定戦の優勝戦。








鳥肌がたちました。
そして、本当に本当に、心からおめでとうの声を届けたい。
今垣光太郎!!!あんたは、本当にすごい!!!






大きな動きのない枠なり進入で、スリットでは、インの服部とほぼ同体。
2コースのテラショー、3コースの松井もまずまずのスタート。大きな遅れではなく、アウト2艇が遅れた格好に。





この時点で、ボクは、「服部が逃げ切るな」と、思いました。服部の足は、それくらいには仕上がっていましたから。
ただ、手元にあったのは、服部からの舟券ではなく、今垣→服部の4-1の2連単でしたが・・・。








ところが、ここから、今垣の真の強さを目の当たりにすることになります。





スリット過ぎてから、伸びる伸びる伸びる!!!
内の3艇一気にまくって、1マーク先マイ!!!
1周1マーク。まさに一撃。








おそらく、スリット通過時、今垣は全速。服部は、放ったのかもしれません。
いくらダッシュをつけているとはいえ、あそこまでの行き足の違いは、そうとしか思えない。




迷いが一点もなかった分だけ、今垣のほうが強かった。








服部に迷いがあったというわけではないと思います。
ターンマークだけを見て、先に回ることだけを考えて、ベストをつくしたと思います。


ただ、今垣ほど、吹っ切れなかったのではないかと思います。








今日のグラチャンは、舟券をとったからというわけではなく、ほんとにいいレースだったと思います。








おめでとう!!!今垣光太郎!!!







《今日の宝塚》



マイネルキッツは、直線で内に閉じ込められて、ほとんど追えない展開。
こちらはなんとなく、消化不良です。

状態は良かっただけに。。。




競馬というのは、そんなもんですけどね。


スポンサーサイト

水の上では、先輩も後輩もない

明日は、「ビッグサンデー」です。






競馬では、春の総決算、グランプリ宝塚記念。
そして、競艇では、戸田グラチャン優勝戦です。





宝塚記念は、例年、消耗戦というか、出がらしGⅠになってしまうこともままありますが、今年は、競馬ブックの週報を見る限り、かなりの馬たちが、メ一の仕上げのようです。


となると、熱いレースをみることができそうですね。



中でも、前走との比較という意味では、ディープスカイがガラリ一変の気配。
毛ヅヤ、馬体の張りなど、みちがえるような出来ですな。






でも、買いませんけど。人気なんだもん。










贔屓目なしに、更に良くなり、120%の出来といってよいのがほかに一頭いたので、その馬に、「私の夢」を託そうと思います。

マイネルキッツに。



天皇賞でも、おいしい思いをさせてもらいましたが、馬体は、その時よりもさらに良化してます、明らかに。
天皇賞がフロックではない、というか、さらにいい走りを見せてくれる、そんな確信を抱かせる出来にあります。







そして、宝塚記念の発走一時間後くらいに、グランドチャンピオン決定戦の優勝戦ピットアウトとなります。








服部幸「王」が、優勝戦1号艇。。。
今日の準優もすさまじかった。
F持ちで、コンマ05のスリットから、決め打ちのような、ターンマーク際際を狙う、鮮やかな差し。
今節の服部のレースぶりは、鬼気迫るものがあります。

そして、忘れてはならない、今垣のSG優出。
明日の優勝戦は、9割方、服部の逃げが決まるのではというのが、私のホンネですが、いざ舟券を買うとなると、今垣から買いたくなってしまいます。
というか、まくり差し決めたれ!今垣!






今日の準優は、3レースとも中身の濃いものだったのではないかと思います。
王者松井も、さすがと思いましたし、地元の意地で2着に踏ん張った平石もさすが。スタート勘は、やっぱりすごい菊地もさすが。大外からの大逆襲テラショーもさすが。



明日は、誰か、進入で動いてくれないかなぁー。。。




明日も仕事はあるんですが、なんとかさっさと終わらせて、どちらも生中継でみたいものです。

だから、歩け!!!

書こうか、書くまいか、触れずにスルーしたほうがいいんじゃないかとも、かなり思ったんですが、やっぱり書きます。




最初に言っときます。リンク先の記事は、良心的プロレスファンであれば、非常に虫唾の走るものです。





「三沢光晴が死去、対戦相手の齋藤彰俊への非難続出」
http://www.tanteifile.com/newswatch/2009/06/14_01/index.html








こういう記事を、それなりのアクセス件数を持つサイトの関係者が、恥ずかしげもなくアップするのは、まじで許せません。



記事を読むとわかることとしては、「非難が続出」しているのは、2ちゃんの中の、単なる1つのスレの中でしかないこと。
そして、書き手が、相当偏った考え方の基に記事を書いていることです。





特に、なんですか、これ。
「三沢への哀悼の意を表する膨大な書き込みから、その死を悲しむファンの心境が伺える。
だが、一方でこのような騒動が発生したということも、一つの事実として受け止めなければならないだろう。 」





???




「ひとつの事実として受け止めなければならないだろう」って、なんですか?
何が言いたいのか、わかりません。
どういう意図で言ってるのかは、よーくわかりますが。。。






アキトシに対する心無い批判が出てくるのは、ある程度想定内ではありましたが、それにしても、めちゃくちゃです。
齋藤選手が「プロレスラー失格」だぁ~??メインエベンターはるまでに、どれだけの練習と実戦を繰り返してると思ってんだよ。なめんな。









そんな中、事故の翌日、齋藤選手が正々堂々とリングに上がったとのニュースを聞いて、本当にホッとしました。そして、心を動かされました。



齋藤選手。
本当のプロレスファンは、あなたが全力で三沢さんにぶつかっていったことを、全員支持している。
間違いなく。
もちろん三沢さん自身も。





自分を信じろ。
そして、ファンを信じろ。









前を向いて、しっかり歩け!!!


「特別」な存在

以前に、大切な方から、紹介してもらった縁で、「面白れぇーじゃん!!!」と思って、「劇場に観にいきたいなー」と思ってた映画「天元突破グレンラガン」を、今日は鑑賞。




一日一回の上映で、今週で打ち切りなのに、すげー満員。。。




まー、そんな感じな映画なんですよね。
ある種、シベ超もそんな感じですよねwww




ロングランしても意味ないけど、初日には、すげー人人人みたいな。






で、結論ですが、面白かったぁ~。
気合が大事ということで。




話の辻褄なんて、どうでもいい。
現実的でないとかは、どうでもいい。
その時、その瞬間の、映像やセリフが、かっこよければいいじゃん☆






そんな感じです。







昔、出っ始めの岩井俊二が受けた、何の意味もない「批判」を思い出します。




ちょうど、「打ち上げ花火~」や「LoveLetter」を撮ってた時期でしょうか。
名のある「偉~い」、バカな評論家に、「あんなん、絵がきれいなだけや、中身ない」みたいな批判を受けてたような気がします。







でも、それでいいじゃん。映画なんだから。総合芸術なんだもん。






脚本がよく出来た映画は、僕も好きです。
でも、絵で勝負する映画があってもいいし、勢いで勝負する映画があってもいいし、なんかよくわからんもので勝負する映画もあってもいい。






今日は、そんなことを思いました。






今日観た映画は、そんな感じ。
結構、というか、かなり好きです、こういうの☆









はじめて人を好きになれた

広島の宮島出身の友達が、隣県の県庁所在地まで、仕事の出張に来るというんで、昨日は、少し遠出して飲みに行ってきました。



基本的には楽しく過ごせました。
広島弁丸出しなとことか、おっさん臭いノリとか、「変わんないなー」というところも多くて、逆に安心。



元気にやってる、それがわかって、ホントによかった。
ボクも、元気を貰いました☆


ちなみに、ボクと、広島の友達と、も一人知り合いが、飲み会の場にはいたのですが、その知り合いの口からは、あまり同意できない発言が、少々・・・。



まだ大学にのこっている友人、夢を追いかけて頑張っている友人のことが話題にあがった際に、「もう、いい加減あきらめろよな」とか、「いつまでやってんだよ」とか、などなど。。。




その知り合いは、大学時代から、特に何か自分のやりたいことがあったという方ではなく、常々「無難に就職できれば、それでいい」ということを言っていた人でした。






それはそれで、いいでしょう。その人の考え方ですから。
まー、私は共感はしませんが。。。




ただ、その人が、自分のやりたいことをしっかり持って頑張っている人に対して、「さっさとあきらめろ」という資格は、ないと思います。





「お前にえらそうに言われる筋合いではない」と。







人それぞれ、考え方はあって、違いがあるのは当然で、その分生き方も違ってくるわけですが、それをむりやり他人にも当てはめて、理不尽な非難をするのは、やっぱり納得いかないですね。







《今日のドライビングBGM》


友達から、河野圭佑という人を教えてもらいました。
曲を聴かせてもらって、「いいな」と思って、タワレコあたりで買っていこうと思ってたら、「売ってない。まだ手売りとかでしか」ということだそうで・・・_| ̄|○


というわけで、焼いてもらいました。
今日の記事のタイトルは、そのアルバムの中の一曲。

す、すごいっす。。。心に染みていく・・・そんな感じです。すばらしい。


ライブだと、もっといいんだろうなー☆


すばらしいアーチストと出会えた気がします。
とくに、ボク個人的な事情ですが、今の時期に聴くと、ホントに心の底に響いてくる感じで、なんともいえない気分になります。



Perfect Blue

ここ半年ほどで、色々思いが巡ることがあります。





基本的に、気分的には低空飛行を続けていることには変わりない。



なんだろうなーと思うと、やっぱり、報われないことに無駄な労力を使っていることがおっきいと思います。








前からわかっていることとはいえ、自分が思っているほど誠実ではない人がたくさんいて、それが普通なんでしょう。





ま、いいんですけどね、最初から、期待してないですから。





「こいつは、こうあしらっておけば、大丈夫♪」
「この人なら、まー適当でも許してくれる」
「とりあえず、その場の機嫌とってればおっけー」






そんな感じなんでしょうね。扱いやすいやつだなーと、思ってる人がさぞ多いんじゃないかと。







でも、もうそろそろそんな自分にさよならしたいところです。







そんなに、いい人じゃないですからねー。ボクは。






といっても、面と向かって敵は作りませんけどね。




嫌いな人にも愛想よく☆
愛想良くできなくても、不仲にはならないよーな、つかず離れずな感じでいきます。




誰が見ても変な人と仲良くなっても、正直あまりメリットにはならないなーとは勿論思いますが、安直に敵に回しはしないほうがいいですわな。
ガキじゃないので。






多分、今後も気付かれないまま、いくんだろうなーと思います。
簡単な嘘はつけないというか、すぐばれちゃうんですけどね。





人間のペルソナというのは、複雑だなーと思います。










六月のカクテル光線

一夜たって、少し落ち着きを取り戻してきました。




気が動転して、各方面に、もしかしたらご迷惑をおかけしてしまったかもしれないことを詫びつつ、改めて、三沢光晴選手のご冥福をお祈りいたします。





・・・といっても、まだ、実感がわかないのが正直なところです。





ここ数年は、テレビでプロレスを観ることもほとんどなくなってしまったので、あまりえらそうなことは言えないのですが、今のプロレス界の第一人者であったことは間違いないところでしょう。






当日試合をみていた人は、「この日の三沢は精彩を欠いているように見えた」ということらしいのですが、これは結構前からのような気がします。
私が、たまにテレビで観ていた時から、エルボーでピンフォールをとりにいく三沢さんに、「だいぶ身体悪いんだろうなー」なんて思ったものです。
タイガーやってた割りに、もともと、そんなに飛ぶ選手ではなかったように思いますが、数年前から「飛ばない」というのがかなり目立ってきて、「飛ばない三沢さんは、ただの三沢さんやなー」などと、友達に言ってたりしました。






社長しながら、トレーニングもして、興行もこなす。プロモーションもする。
大変なのは当たり前です。
特に、トレーニングの時間をとれないのは、プロレスラーとしては、かなりの負担でしょう。
ココで言うトレーニングとは、強くなるためのトレーニングではありません。
怪我をしないためのトレーニングです。





無理をしながら、それでもトークは下ネタ全開で、「明るく楽しく、激しいプロレス」の魂を引き継いだ三沢さん。
三沢さんは、そういう意味で、日本プロレス界の「王道」を体現した選手でした。




以前に、このブログで、プロレスがらみの少々くどい記事をを書かせてもらったことがありますが、そこで触れたような「いい意味での虚構」を見せてくれた代表的な選手が、三沢さんだったと思います。




虚構にあえて騙される楽しさ、本気でバカをやるかっこよさ、遊びの部分の大事さ、清濁ひっくるめて受け入れることの暖かさ。
プロレスの魅力を、そのまま形にしたような人柄であったからこそ、NOAH、そして、日本プロレス界をここまで引っ張ってこられたのでしょう。







中島らもさんが生きてたら、三沢さんの死を、どういう風に受け止めたんでしょうね。







本当に、三沢さん、お疲れ様。





《今日の、ちょっとだけ追伸》


バックドロップをかけた側である齋藤彰俊選手。


本当につらいと思います。


時間はかかるでしょうが、なんとか立ち直って、レスラーとして頑張ってもらいたいものです。
まともな人であれば、誰も齋藤選手を責める者なんていない。




競技は違いますが、名城信男選手の件を思い出します。
日本タイトル戦で、相手選手が亡くなり、引退を考えたこともありながら、選手を続け、結果世界王者まで昇りつめました。



三沢さんも、齋藤選手がさらにプロレスラーとして成長することを願っていると思います。

三沢のあほ

マジ、意味わかんないすけど・・・。





<プロレスラー>三沢光晴さん死亡 試合中倒れる 広島 13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、心肺停止状態で広島大学病院に救急搬送された。広島県警広島中央署によると、同10時10分に死亡が確認された。同署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。(毎日新聞)








ざけんなよ。
何死んでんの?
元タイガーマスクだよね?
何かの冗談だよね?・・・













あほ





ボルガ博士、お許しください!!w

大したセンスをお持ちのステキな方から教えてもらった、「チャージマン研」の動画を、最近時々観ますが、シュールというか、やっつけというか、外道すぎて、時折笑殺されそうになります。







例えばこういうの、

http://www.nicovideo.jp/watch/sm6891291








いやー、古きよき、おおらかな時代ですねー。
「西部警察」や、実写版「ゴルゴ」が許されていた時代ですよねー。
ステキな時代ですwww






とりあえず、勢いで、公共の電波に乗せてしまう、制作スタッフの度胸にリスペクトする次第です。






ていうか、チャー研の製作会社って、「まんが水戸黄門」をつくったとこと同じだったんですね。。。


なんか、妙にナットク。。。










トンデモヒーローを、ボクは全力で応援していますっっ!!!☆(笑)






多摩の誇りとは

ひょんなことで、「新撰組!!」の最終回を観ました。











泣きました。。。











三谷幸喜は、腕のある人だなーと思います。










「お前は、多摩の誇りだー」
で、涙腺決壊です。。。ダメです。。。








某動画サイトで見っけたのを観たので、いつ削除されるかワカリマセンが、今日は、とりあえず泣きました。





あと、「新撰組!!」の最終回で好きなセリフは、「生きることを、恥ち思うたらいかん!!」というセリフ。




古田新太は、まーいい加減(笑)な人だと思うんですが、役者さんとしては、すごく魅力的な人だと思います。



かっこいいなーと思います。役者さんとしては。
普通の人間としては、、、(ry





やっぱり、「新撰組!!」は名作ですにゃー。

White key?

今日は日曜日です。




なんですが、朝っぱらから、半強制の「ボランティア」。






まー、それは良かったんですが、それが終わって、「少し寝るかー」となっているところに一本の電話。。。






仕事関係の方から。
そしてでると、緊急ではなく、まーどーでもいい、仕事の話。。。





ったく、、、別に、日曜日にわざわざ連絡してくることでもないじゃん。。。_| ̄|○







仕方なく、一応、「問題」を解決すべく、諸所に出向いて、とある某上司の無事を確認し、仕事関係の電話の主へ問題ないことを伝えーの、少し前に聞いてた「(某場所の)鍵がなくなった」という問題には某上司も私も関係ないことを伝えーの、で、ひとまず落着。。。





なんで、こんなことに煩わされるんざんしょ・・・(涙)






で、その後・・・。



午後に入って一本の電話。










例の仕事関係の方から。





運転中で、出られなかったのですが、その後メールが。








「鍵みつかりました。お騒がせしました。」










そうですか、そうですか。。。






あの、一言いいですか。









人のこと疑うんだったら、ちゃんと自分の身の回りを探してからにしろっつーの!!!!







づがれ゛だー。。。

「ペンギン並の自分」に休日を

ホントは二日とも行ければ行きたいところだったのですが、諸々の都合により、今日だけの参戦。





ということで、今年もやってまいりました。プロ野球の交流戦の季節が。





ということで、ということで、車で一時間半くらいの旧居住地への一人弾丸ツアーを決行して、今帰ってきたとゆーわけです。





プレイボールの時は、今にも雨が降りそうな空模様ではありましたが、なんとか耐えて、試合終了まで無事に観戦できました☆





そして、なにより我がタイガースが勝ってくれたことが、なによりうれしいです!






ヒーも打ったし、球児も投げたし(かなりヒヤヒヤしたけど)、久々にフジモンがプレイしてる姿を見たし、中身の濃い観戦となりました。
というか、ヒーのスタメンの時の試合観れて、超ラッキー☆やばいっす;;





スタメンの発表の時も、DH桧山の発表に、スタンドが「おおぉぉぉぉぉぉーーーーーっ!!!???」みたくなってて、「愛されてるなーーーーー(*^ ^*)」と思いました。
ひっかけてセカンドゴロというのも、もはや名人芸の域に達していますが、そういうダメなところもまるっとひっくるめて、多くのファンにとって、大切な選手であることは間違いないと思います。
引退の話が毎年あがってはいますが、ぜひ来年もヒーのヒッティングマーチを歌いたいな♪





思いっきり声出しして、かなり喉が痛いのが正直なところですが、でもめちゃめちゃスッキリしました。






思いっきり、心から応援できるプロスポーツチームがある自分は、すごく幸せ者だなーと思います。








チケットを手配してくれた先輩の暖かい心遣いに、重ね重ね感謝。。。
すばらしい夜でした☆



プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。