スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも、行かなだめなんです

とある方の紹介で、今日は映画を観てきました。



「その街のこども」




震災15年記念として、NHKで放送されたドラマを、劇場版として再編集したものだそうです。





ドラマは、私は観られなかったので、今回は初見ということになります。




良かったです。ホントに良かったです。
人々の、「再生への物語」を見せていただいた、そんな気がしました。





あまりにも、大きすぎる震災という傷と、どう向き合っていくか、どう工夫して昇華していくか。



私自身、震災の周縁にいたので、震災ど真ん中にいた人の気持ちは、100%はわかりはしないでしょう。



ただ、その当時、私なりに感じたこととか、様々なこと自体は、ひとつの「震災の記憶」だと思います。






単に、震災がおきて「不幸だった」というような単純な話ではなくて、人の強さや弱さ、それでも人は生き続けることの尊さ、語り継ぐことの大切さ、そういったものをさりげに、だけとしっかりと伝える力をもった「映画」でした。





一人でも多くの人に観てもらいたい作品だと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。