スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「文化財を守る」ことは平時のお題目か

不況なご時世です。
ついこないだまで、某大手車屋さんが「史上最高の黒字を計上」なんて言ってたわりに、あっという間にこのザマです。
結局、こないだまで黒字を出せたのは、派遣に代表される「都合のいい」働き手を、都合良く利用するだけ利用して、ポイ捨てしてきたからなんでしょうね。






ひどい話です。






大企業は、こういう時には首切りしかしない。
市町村は、緊急雇用をおこなうけれど、それは全く評価されない。
なんだかねー。









でもって、こういう不況になると、真っ先にカットの対象になるのが、文化的な事業だったりします。
カットまでいかなくとも、白眼視され、「こんな時期に、そんなことやって、気楽でええのぅw」というふうに見られがちです。







中には、文化財にかかわる仕事を、「道楽」呼ばわりする者も少なくありません。








そこらの人ならまだしも、資料を守り保存する施設の長として、組織の中で位置付けられている方が、そういう考えしか持っていないのは、極めて問題であるといえます。










健康で文化的な生活を送る権利を有する我々にとって、歴史的な遺産を守り伝えることは、重要な責務であり、今を生きるための道標を残すことなのだと思います。







専守防衛」ではないですが、歴史は、まさに現代に生きる我々の「灯台」であり、これを安直な理由で軽んずるような愚かな言動は、するべきではないし、賢明とは言えません。


特に、公的な権力を持つ組織の中で、それなりのお立場にいらっしゃる方なら尚更なのは言うまでもありません。





「民度」というのはあまり言いたくはないですが、自ら文化的な生活を放棄するようなことを、それなりのお立場な方が進んで容認されるのを頻繁に拝見すると、やはり民度というのがあるのだなということを認めざるを得ないのかなと思います。
そんなことはないと、信じていたんですけどね…。











《昨日のアカデミー賞》




「おくりびと」が外国語映画賞だとか。

つくづく、私の映画の観方はメインストリームではないのだなと気付かされます。
だって、「おくりびと」そこまでいい映画とは、やっぱり思えないもの。


こないだ観た「チェンジリング」は、なかなか良かったです。
いかにもハリウッドっぽいですけどね。
アンジェリーナジョリーは、いい役者さんだと思いました。
プロだなと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。