スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

考える材料

今日は、「ドキュメンタリー映画祭」で上映されていた、「靖国YASUKUNI」を観てまいりました。






結論的には、観られて良かったなという印象。


そして、観る価値のある映画でした。








色々、政治的にあーだこーだ言う人はいるんでしょうし、映画ですから、編集もされたものです。はさみが入るときに、ある意思が入っているのは当然です。


もちろん、編集によって、全く違う内容にみえることがあるのも、承知していますが、しかし、この「靖国」に映し出されている姿は、まぎれもない真実の姿の一部です。







こういうのに対して、「反日映画」というレッテル張りをするような、思考停止状態の二元論者には、死んでもなりたくないものです。







非常にストレートなコトバとして、胸を打ったのは、台湾の方の発言。




靖国神社の公報の方に対しての発言。
「あなたのお父さんが、もし他国で死んだら、その亡骸や、魂を、自分の国に連れて帰してあげたいと思うでしょう?」



ひねりの全くない直球だけに、とてつもない説得力を持つメッセージだと思います。




《今日の「感謝」》
お土産もらって、超ハッピー☆
何を貰うかも大事ですが、それより大事なのは、誰から貰うかだと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。