スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑う花を咲かせましょう

今日もガソリン関係から。



■【レスポンス自動車ニュース】火災のコスモ石油千葉、石油を海上出荷へ2011年3月19日(土) 17時46分
コスモ石油は、千葉製油所から海上出荷の準備に入ったと発表した。
http://response.jp/article/2011/03/19/153546.html
製油所には在庫があり、同社が調査したところ、海上出荷桟橋の安全性が確認できたため、在庫を海上出荷するための準備に入った。準備が整い次第、出荷して東北・関東地方の燃料不足の解消に向け取り組む。

一方、同社は西日本にある製油所で石油製品を増産するとともに、被災地に向けて優先的に出荷を開始した。被災地では今後、緊急車両や被災地に支援物資を輸送する車両用に優先的に給油するサービスステーション30か所を選定する。

このほか、被災地では寒さが深刻化していることから、西日本で稼働している製油所から被災地に向けてドラム缶による暖房用灯油の出荷準備も進めている。




■【レスポンス自動車ニュース】昭和シェル、石油製品供給体制を強化2011年3月19日(土) 17時42分
http://response.jp/article/2011/03/19/153545.html
昭和シェル石油は、東北地方への石油製品の出荷を増強する。油槽所の稼働時間の延長するとともに、西日本地域などからタンクローリーの応援を手配して配送体制を強化する。



■【JR東日本ホームページ】東京~鶴岡・酒田・秋田・盛岡・青森方面 う回ルートのご案内(3月18日現在)[PDF]
http://www.jreast.co.jp/pdf/ukairoute.pdf



■【毎日新聞】東日本大震災:燃料、被災地へ 西日本のタンクローリー、「拠点」新潟から
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110319dde003040006000c.html
東日本大震災の被災地でガソリンや灯油などの燃料不足が深刻化する中、日本海側からの支援拠点となっている新潟市では、石油大手各社が西日本からタンクローリーを集めるなどして態勢を強化し、燃料を被災地に輸送している。




■【47NEWS】北海道からガソリン直送 支援物資大型船で、募金の催し拡大
http://www.47news.jp/news/2011/03/post_20110319144410.html
東日本大震災で道内からの支援が本格化している。道の支援対策本部は18日、大型船2隻をチャーターし、ガソリン100+ 件や生活物資を東北の被災地へ輸送することを決めた。寄付を募る支援イベントも相次いで開かれる。  輸送するガソリンと灯油は、道内企業が提供する計約500キロリットル。タンクローリー25台に積み込み、20日朝に苫小牧港から青森港へフェリー型貨物船で輸送する。主に岩手県内の給油所や避難所に届ける。





ついでにほっこりするニュースというか、スレも、大幅に抜粋してですが、貼っときます。

【プロレス/大地震】ケンドー・カシン「残りの人生は東北の再建にささげたい でも永田裕志は許せない」
1 :THE FURYφ ★:2011/03/19(土) 00:02:15.12 ID:???0
東日本大震災直後から音信不通となり安否が気遣われていたケンドー・カシンは
無事だったことが17日、判明した。
仙台市内の山奥で自給自足の生活を送っているカシンは、山中でトレーニング中に
被災したという。「短パン一枚でトレーニングしていたので驚いた。あんな揺れは
小学生の時(1978年の宮城県沖地震)に経験して以来だ。山小屋のプロパンガスと、
買いだめしていた魚や野菜、近くの畑の水で何とか飢えをしのいでいた。ケータイが
全然つながらず困りました」という。
生粋の東北人であるカシンは「東北の善良な人々が多数亡くなってしまった。悲しい・・・。
これは東北のみならず日本の危機。残りの人生は東北の再建にささげたい」と珍しく
神妙な表情を見せて哀悼の意を表した。
それでも最後は「それにしても許せないのは、人の名を出して、紙面に出ようとする
永田裕志だ。まかり間違ってニュー・ジャパン・カップに優勝したら賞金全額を被災地に
寄付しろ」と毒づくことも忘れずに、かつての盟友のエールに応えた。

(東京スポーツ 3月19日(土)販売号より)

56 :名無しさん@恐縮です:2011/03/19(土) 00:32:26.55 ID:Wi4aBFgY0
NJCで永田さん優勝

リング上で優勝賞金目録授与

花道からカシン登場~リング上へ

永田さんから目録を奪い逃走




翌日の新聞にカシン名義で寄付の告知


174 :名無しさん@恐縮です:2011/03/19(土) 11:52:09.84 ID:b408F4mPO
被災者だが震災後一番笑った ありがとう

-------------------------------------




そんなブックなら、ゆるす(笑)


・・・にしても、ホントにカシン無事でよかった・・・(泣)
いつものカシンで、マジでホッとします。



もうひとつ、少しだけほっこりする話。



■2011/03/15 (火) 「自分が出来ること」をやります
(中略)

 そこには確かに、レース場とレースがありました。
 レースを楽しみにする、お客さん方の姿がありました。
 「日常」を楽しみつつ、今回のこと、被災地のことを気にかけている、至極自然な姿でした。

 園田競馬場で、ジョッキー達が突然パドックに現れて募金を募り始めたとき、パドックサイドで募金箱を持つ係の方の元にお客さんが文字通り殺到して、先を競うように募金箱に募金をする光景を見たとき、じーんと胸が熱くなりました。
 競馬場の普通のおっちゃんが自ら募金箱に募金したあと、傍らの別のおっちゃんに「あんたは入れんのか?」などと言い、言われたおっちゃんも「あ~そうやな~」などと言いつつ募金箱に向かう。仕事をする側も、客も、皆が一体となって「出来ること」の認識と、行動のエネルギーとを束ねた瞬間。
 いま必要とされているのはまさにこういう活動なのだと、私は確信しました。

(アナウンサー坂田博昭の「日々是好日」)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。