スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息の長い支援を

深刻な状況が続くガソリン事情ですが、少しづつ改善の方向へ向かっているようです。



■【山形新聞】塩釜にタンカー、供給回復へ動き加速 被災地向け燃料、食品、生活用品…
2011年03月22日 09:26

ガソリンなど燃料を積み、宮城県の塩釜港に到着したタンカー=21日午前、宮城県塩釜市  東北地方の物不足改善に向け、ガソリンや食品、生活用品の供給回復への取り組みが加速している。21日には東日本大震災の影響で運転を停止していた国内有数の石油精製能力を持つJX日鉱日石エネルギー根岸製油所(横浜市、日量27万バレル)が操業を再開したほか、宮城県の塩釜港には燃料を積載したタンカーが震災後初めて到着した。
http://www.yamagata-np.jp/news/201103/22/kj_2011032200706.php



■【レスポンス自動車ニュース】【東日本大地震】被災地16市町の物資輸送可能ルート
国土交通省は22日、東日本大震災の被災地16市町の市役所や町村役場、県の出先機関や港湾周辺の物資輸送可能ルート詳細図を作成し、東北地方整備局のウェブサイト(http://bit.ly/dOLlaR)に掲載した。
http://response.jp/article/2011/03/22/153644.html


■【レスポンス自動車ニュース】石油供給能力、震災前の15%減まで回復2011年3月22日(火) 16時00分
石油情報センターは3月22日、東北・関東地方の燃料不足について局地的な支障は残るとしても、全体的な石油製品供給能力には余裕が生まれてくるとの見通しを発表した。
http://response.jp/article/2011/03/22/153624.html


ちなみに、タイプは違えど、震災を経験したからこそ、送られる被災地へのエールをご紹介しておきます。
■【神戸新聞】正平調 2011/03/21
兵庫から被災地に向けたエールが多数届いている。その声は本紙「激励メッセージ」で紹介し河北新報にも掲載している。(中略)別の女性はこう書いた。「泣かずに頑張ろうと振る舞いましたが、『これ以上どう頑張るの』と心が折れました。頑張りすぎちゃだめですよ」◆巨大災害からの復興は長くて険しい道だろう。どこかで小さな希望を見いだし、歩んでほしい。でも頑張りすぎないで。
http://www.kobe-np.co.jp/seihei/0003882020.shtml


明日も、ぼちぼちいきましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。