FC2ブログ

ソクラテスはかく語りき

すごーく、タイムリーな記事を書いてみます。
さっきニュースをみてたら、「魚鱗癬」という皮膚病についてのニュースをやってました。
正直、知りませんでした。。。(-_-;)

私自身、物心着いてからアトピー患者でして皮膚病持ちなわけです。今も薬は欠かせません。
出かけた先で急に「風呂に入ろう」とかいわれると、「ちょっと待ったー」となっちゃいます。風呂上がりに保湿剤ないと、すぐ肌が乾燥しちゃうので・・・。でもまさか、「保湿剤持ってないので風呂に入れません」なんて言えないし・・・。

顔面のお肌は特にデリケート。毎日のスキンケアは欠かせません。風呂上がりには保湿剤。寝る前にはプロトピック(非ステロイド系外用薬。これにも色々問題はありますが、今のところはこれ使うしかないのです。)。おかげで、逆に普通よりも良い状態に、今はありますが。

私の場合、顔とかにはあまり症状が出ていないので、まだマシですが、皮膚病患者の多くは、周りの目を気にしながら生きている人が少なくないと思います。
ひどかった時期もそれなりにあったので、そういう気持ちは痛いほどわかります。
また、アトピーのような患者数の多い皮膚病は、感染する類のものではありません。体内の免疫バランスが原因ですから、感染するとかしないとかの問題とは全く違うゾーンにあるわけですね。
先の「魚鱗癬」も、感染するものでは決してないそうです。しかし、偏見は消えないのだそうです。
なんとも、やりきれない気持ちになります。

人間、知らないことが多いですね。そして、未知の領域に対しては、恐れを抱いてしまうものです。


そういえば、少し前に、こういう先輩がいました。
「皮膚病になって、他の人に感染すると悪いから、仕事できない」と、のたまう人が。
もともと、与えられた仕事もろくにせず、本業である学業もおろそかにして、女の子につきまとうことだけは必死だった方でしたが、さすがに上記の発言を伝え聞いたときには、非常に憤慨したのを覚えています。

百歩譲って、学業もおろそかにするのも自分の勝手、仕事しないのもまーいい(良くないですけど)として、その理由に「皮膚病が染るから・・・」というのはあんまりです。
無知な上に、あまりに浅はかにすぎる発言なのだと思います。

アトピーは患者数がかなりいるだけに、偏見やデマみたいなものはかなり少ない病気だと言えます。それでも、見た目にわかる病気だけに、程度の差こそあれ、間違った知識や偏見が残っているのも現状です。
「魚鱗癬」なら、一層状況は厳しいことでしょう。
上述の様な、無知に基づいた浅はかな発言が、大きく広がっていくという可能性も、実は少なくないのだと思います。
「無知」であることの自覚すら無いのですから、困ったものです。

謙虚さというのは、単に美徳であると言うだけではなく、社会的に生活する上で、案外大事なことなのだとも思いますね。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク