FC2ブログ

「夜回り先生」

ワールドカップで涌く今日(負けちゃいましたね・・・)。

私の今日の一大事は、「夜回り先生」の講演を聴けたことでした。
それなりに有名な方です。水谷修さんという方。

生で聞いて、やっぱり人を聞かせる事をしゃべるなーなんて思いました。
実体験におおかた基づいた話をするだけでも、やはり話の持つ説得力が違うでしょうし、話し方のテクニックみたいなものもしっかり持ってらっしゃる方ですね。
話の大筋には影響のない細かい数字まで具体的に挙げる。具体的な場所も言う。矢継ぎ早な会話のやりとりを再現する。具体的な人名を挙げる。笑いを挟む。そして、しっかりクライマックスに持っていく。

プロです。すごいです。
話自体もすごく面白くて、良い話でしたが、聞いてるいる側に、リアリティを持たせて、まるで自分に深い関わりのあることであるかのように話す技術というのは、なかなか真似できないなぁーと思いました。

もちろん、話の中で所々脚色もあるかなーというところもありました。講演会場であるご当地へのリップサービスも、多分に入ってましたし。

ただ、「教育はこうあるべきだ」「教師と生徒の関係はこうあるべきだ」という風に、固まったある種の「解答例」を模範にしているバカ教師頭でっかちな教員よりは百億倍良いなと思いました。

教師と生徒も一つの人間関係です。立場が違うのはもちろん前提なわけですが、それを絶対的な「越えられない壁」にしてしまうのはどうなんでしょう。
生徒が教員によせる信頼は、教育学で「妥当である」というプロセスをそのまま踏んだところで、得られる物ではありません。
人間関係は十人十色。教師と生徒の関係もまた然りです。
だからこそ教師という職業は大変なのだと思います。
私には、とてもじゃないですが教員なんてできません。
なので、はじめから教員免許は取らなかったわけですが・・・。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク