FC2ブログ

「代打の切り札」たちへ捧げるバラード

昨日、バース日記を読んだことに関連して、少し思うこと。

「代打の切り札」という存在についてです。

代打要員だからといって、誰もがそう呼ばれるわけではありません。
それなりに、そう呼ばれる理由が存在します。

私が阪神タイガースという球団を常々応援してきた中で、思い浮かぶ三人の選手がいます。

川藤幸三、真弓明信、八木裕の三選手です。

彼らはその成績や、代打専門になった経緯など、まるで違います。

川藤は、アキレス腱断裂を機に、代打へ転向しました。
真弓は元々85年の優勝の立役者の一人で、バリバリのスター選手でしたが、年齢とともにスタメン出場の機会は減っていきました。
八木は他選手との競合・怪我などで、スタメンから外れた選手でした。


川藤は、数字こそ一流ではありませんが、常にタイガースを愛し、常にベンチを盛り上げ、「チーム一丸」の核となりました。
真弓は、打って走って守れるという揺ぎ無い実績を背に、すばらしい勝負強さを見せてくれました。
八木は、まさに「代打の神様」という称号にふさわしい集中力を持っていました。


それぞれ色々選手としての性格も実力も成績もまったく違う中で、ひとつ共通するのは、打つ手がなくなった時、「ココ」と言う時に、頼れる存在であったということです。
「この選手が出て、あかんかったらしゃぁないな」という風に、ファンを納得させる選手だったということです。


「切り札」たる所以は、そこなのでしょう。

ファンが、彼らの打席を見て、納得する理由。
それは、彼らが「たまたま代打に起用された一選手」ではないからです。

代打が起用されるのは大抵試合が大詰めを迎えようとする瞬間です。
ゲームを左右する局面だったり、ゲームが終わろうとする絶体絶命の時。
その時、代打で起用される彼らは、その日その時のチームを背負って、打席へと送り出されるわけです。

「代打の切り札」とは、チームの選手たち、監督・コーチ、そして、声を出し続けるファンの期待や願いを、一身に背負うに足る存在でなければならないと思います。
彼らにこそ「ミスタータイガース」という称号はふさわしいのかもしれません。

神様、仏様、バース様

県庁所在地に行く用事があり、帰りにとある中古本屋で、『バースの日記』(集英社、1990)という本を買ってみました。
バースと言うのは、日本プロ野球史上最強の助っ人であるランディ・バースです。

バースが解雇になった時、世の大半の阪神ファンは、「球団はアホじゃっっ!!!」と思ったと考えられますが、難病を抱えるザクリー君の闘病生活を支えつつ、野球を続け、そして球団に裏切られると言う悲しい結末に至るまでのアレコレが垣間見えて興味深く、あっさり読了。

家族のために色々動かざるを得ない中、西武の某代表(当時の)に「トラブルメーカー」呼ばわりされて、なおかつ「(バースのような選手とは)どの球団も契約すべきでない」なんちゅうこと言われたら、そりゃ怒りたくなりますわな。




ちなみに、日記すべてを通して、強烈に印象に残るのは、村山が監督としていかにヘボかったかという話だったりします。
故村山実は、選手としては誰もが認める偉大な選手です。生涯防御率2.09というひとつの数字を取ってみても、それは一目瞭然です。

ただ、よく言われることですが、「名選手=名監督」ではないんでしょうね。やはりまったく別物と考えたほうが、良いのでしょうね。



僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる。

昨日隣県に行ったら、その時点で愛車の走行距離が70000キロを突破。

私が乗り始めてからだと、15000キロ突破ということになります。

確実に、3ヶ月5000キロペースで乗ってます。
冬になると、「雪多いから遠出は減るなー」なんて思ってたんですが、今年は例年になく雪が少ないこともあり、遠出しまくってます。
実際今日も県境の峠の路面はドライそのもの。楽チンでした。

ともあれ、突然押しかけたにもかかわらず、快く対応していただいた先輩方に感謝です。
ラーメンもおいしかったなー♪

今年も、「虎」年にしたいものです。

終戦

今日、とうとう中日ドラゴンズのリーグ優勝が決定しました。

阪神ファンの私としては、非常に残念なところです。
でも、中日も素晴らしいチームであることは、敵ながら認めざるを得ません。
野球はチームでやるものです。各選手にそれぞれ役割があって、ゲームを作っていかなければならないスポーツです。
打つ、投げる、だけではない、走る、守る、という点で、中日は非常にバランスが取れていたのではないかと思います。

中日ドラゴンズ、おめでとう。。。






・・・でも、来年は・・・

ぜっっったい、負けませんっっっ!!!

六甲颪、吹け!!!

最近、周りの野球好きな方と話してて思うことがあります。

「阪神ファンを、なめてませんか?」



よく「熱狂的だ」とか評されますが、私自身の持ってるニュアンスは多少違います。
単に騒ぐだけは、にわかファンです、おおかた。
本当のファンは、阪神を応援することが、日常になっている人です。
特別なときだけ騒ぐと言うだけでなく、日頃から「阪神どうなってるかなー」とか、「今日先発猪俣(古いですが)かー、、、今日はあかんな」とか言いながら、結局サンテレビで試合のほとんどを観てしまう人です。
単に片手間で応援しているわけではないのです。「食べる」「寝る」「排泄する」に+して、「阪神を応援する」という項目が入ると考えてくれれば良いかもしれません。

だから、「なめんな」と思うのかもしれません。
周りの方々からは、阪神戦を応援しに行くのを、単に余興の一種として観られるわけです。当然かもしれないですけど。

正直、「そんな軽薄なもんではないですよー」と言いたくなります。


わけのわからん祭りをやってて、それにかり出されるのは当然だというようなのよりは、よっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっぽどマシです。しっかとした意志を持って阪神の応援に行く方が。

でも、あまり理解されないんですよね。それが、すごく悲しいことです。
ふざけんなと思います。ホントに。
プロフィール

たっくんちゃん

Author:たっくんちゃん
冬は雪がドバーッっと降り、夏は盆地なので暑いというところに居住しております。
なにはともあれ、ガソリンの価格低下を、日々願う今日この頃です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク